大阪刑務所

しばらくのご無沙汰です。
この一週間はいつものように過ごしておりましたが、2,3ニュースがありました。
そのあたりをお話してみます。
まずひとつ、これは私のもうひとつのブログ「本日出所」でご紹介した話ですが、私の結構付き合いの長い知人が刑務所から出所して来ました。
付き合いが長いと言っても、この人はこの10年間の大半を刑務所で過ごした人なので外で会ったのはほんの3回です。その人と先々週の土曜に放免祝いということで飲みに行って来ました。後で気づいたことですが、この人と二人で酒を飲んだのは恐らく初めてです。この人はヤクザです。ヤクザというのは不思議なくらいたくさんの人を集めたがる傾向があるので、この人と会う時も誰だか分からん人がいつも居てました。
今回はそんな人も無く、本当に二人っきりでした。
今回の務めのこと、今のこと、そしてこれからのこと…色んな話をしました。彼が今後一定の地位を築くために私も協力することを約束してその夜は別れました。
その2日後から、彼との連絡が付かなくなりました。本日11月13日現在も音信不通です。こりゃあどうやらまた捕まってますね。私は長い付き合いなのでまず間違いないと思います。毎回1~2週間で舞い戻る彼の性分が理解できませんでしたが、彼にとって娑婆は怖いところなのかも知れませんね。塀の中は不自由ですが、塀の外にあるような怖いものが追っかけてくることもありませんし、食事の心配も無用です。
彼はそんな「安全な世界」に逃げ込みたくて仕方無かったのかも知れません。「せっかく娑婆に出られたのに」という発想は娑婆の世界に住む人の価値観に過ぎないのかも知れません。
さて、そんな塀の中を昨日、覗きに行って来ました。毎年11月に大阪刑務所で開催される「関西矯正展」に今年も行って来たのです。今年の目玉は何と言っても所内見学バスツアーです。バスに乗って刑務所の中に入って、工場などを見学させてもらえると言うのです。
詳しいレポートはこういうネタ専門の「本日出所」に明日あたり掲載したいと思います。
それにしても、さっきの知り合いが出てきたのも大阪刑務所、そして昨日見学に行ったのも大阪刑務所。何やら大阪刑務所づいた一週間でした。
縁があると言っても、私自身が大阪刑務所と長い付き合いにならないように注意したいと思います。

勝利!

やっぱり来ましたね、ドル円。ドル円に横たわっていたラインとして転換線の118.97で若干上げ渋ったもののフィボナッチ61.8%の119.18はあっさりと突破。119.37までの上昇となりました。昨日のロンドン時間にタッチするのではと入れていた119.20の利食いポイントを見事ヒットし、利食い成功。118.98の買いポジが+1566円、118.60の買いポジ2万が+10732円。約12000円の利益確定となりました。一緒に我慢した皆さん、ちゃんと利食いできましたか?
さてドル円はFOMCを控えつつも異常な高値水準にあると言えます。追加利上げの観測もある中、119.00-50のどちらかをレンジブレイクしたらその方向に、というのが大勢の見方のようです。私は見解としてはFOMCまで特に動きはなく119円ローで、FOMCで利上げ無し+利上げ示唆も無しということで119.00ブレイクと見ています。119円をブレイクすると118.80あたりにあると思われるストップロスを引っ掛けてストンと落ちるでしょう。118.60のサポートラインで下げ止まると見て、そこから買い待機。
118.60で買い成立もさらに下げる場合は118.30の第二サポートでさらに買い増し。この作戦は自身度80%くらいなので私も勝負に出ます。
usdjpy.gif

<戦略>
USD/JPY 買い 118.60 2万
USD/JPY 買い 118.30 2万

一緒に勝負に出ている方へ

ドル円は昨日、118.56-60で下値を折り返し、118.92まで上昇しました。私が入れていた買いオーダーは118.60ちょうどでヒットし、2ロット保有中です。昨日の段階で118.92での決済も考えましたが、日足での上昇トレンドは継続しているので我慢してNYクローズを迎えました。
現在118.69-73。本日の国内仲値は118.72ですから東京市場はこのままいくでしょう。後は夕方の欧州参戦待ちです。最終利食い目標は120円絡みですので、日足のチャートが崩れない限りは保有を継続します。
さて以下のチャートを見る限り赤い帯が上昇トレンドです。青矢印の部分にタッチして上昇するようであれば相場はまだまだ強いです。さてどうなりますか。私に付き合ってポジションを立てた皆様、ここは勝負どころですよ。
usdjpy.gif

難しいですが、面白い

ドル円が難しいながらも、面白い展開に入っています。
最近は119円台でローからアッパーというレンジを継続していましたが、北朝鮮リスクが一段落して本来の相場展開を取り戻しつつあるのか、119円台の攻防戦が面白そうです。
本日はロシアの外貨準備において日本円の比率を上げるという発表があったことや、それに対して日本が好感するコメントを発したため円の思惑が先行し、円は買われています。その勢いで欧州参戦と同時に119円割れ。
私は午前中に118.98で1万ドル買っているので、現段階では若干含み損が出てますが、ここはひとつナンピンで勝負するつもりです。
それではナンピンラインはどこか?下のチャートを見てみましょう。
usdjpy.gif

きれいな上昇波動は継続しているのです。白線は10日移動平均、ピンクは52日移動平均です。トレンドが転換していないのが見て取れます。現在の118円ミドルが移動平均を下回っていることに注目しています。なお、黄色の線はボリンジャーバンドです。ここは118.50を割れたら一気に勝負に出たいと思います。利食い目標は119.30-45。
今日のNY市場は面白い事になりそうです。

<戦略>
USD/JPY 買い 118.45 2万

言いたいことが山ほどあります

ここ最近の北朝鮮情勢について、思うところがたくさんあるので書いてみたいと思います。北朝鮮はハッキリ言ってアホです。北朝鮮は戦前の日本のようだと言う評論家がいますが、これは大きな間違いです。戦前の日本は軍国主義でしたが、共通しているのはそれだけです。もっと国際情勢を分析する能力がありましたし、国益にかなった政策を持っていました。そして、北朝鮮と違って戦前の日本には豊かな文化がありました。
さてその北朝鮮が遂に強行した「核実験」ですが、これも疑わしいことばかりですね。核実験というのは連続して何回も行ってこそ初めて核兵器の爆発データが収集できるものです。核爆発というのはまだまだ分からないことが多く、核融合や核分裂が起きる条件を整えてもそれがいつ始まるのかは解明されていない、と北海道大学工学部に進んで学者になった高校時代の友人が教えてくれました。それを研究するのを量子力学というそうですが、彼はその量子力学者なので彼の言うことに間違いはないでしょう。そのために核実験は何回も連続してやるものなんだそうです。
先日の「核実験」はたった1回だけですし、どうやら失敗したのではないかという見方が大勢です。要するに北朝鮮にしてみれば核実験が成功するかどうかではなく自分たちの要求を通したいための外交カードとしてやったということなんでしょう。
これに対する世界の反応は早かったです。特にタカ派政権である安倍内閣の動きは早かった。国連を舞台に大立ち回りを演じたことは評価します。日本が自分の主張を国際舞台で展開してそれをある部分まで世界に認めさせたのは政治的勝利です。
昔から日本核武装論という意見がありましたが、今回の核実験でそれがにわかに現実味を帯びてきた感があります。私は日本は核武装するべきだと思っています。それだけでなく、台湾も核武装するべきです。それはなぜかと言いますと、軍事的バランスを保つという目的と、もうひとつは軍備の正常化です。今、世界には何万発もの核兵器があります。これは人類を何回でも焼き尽くすだけの火力です。どう考えてもバカげていますが、外交というのは最終兵器を喉元に突きつけあってからでないと対等な交渉が出来ないのです。
日本は中国は今後さらに緊密な関係になるでしょう。私は日本と中国が対等な関係になるために核兵器が必要だと思っています。核武装した上で、中国と軍事同盟を結べば北東アジアの安全保障問題は一気に解決するものと思っています。
台湾が核武装するべきだというのは、もちろん中国との関係です。台湾は誰がどう見ても独立国家です。中国とは体制が異なりますし、何よりも中国人が台湾へ、台湾人が中国に入るにはパスポートが必要なんですから。台湾は中国の国共内戦に敗れた国民党が台湾に逃れて樹立した国です。共産党が台湾との戦争関係を継続して占領する意思がある以上、台湾は効率よく対峙するために核兵器が有効でしょう。
私は右翼でも軍国主義者でもありません。決して使うことのない核兵器を持つことよって自衛隊の無駄な装備を大幅に縮小できるのです。効率よく国を守るために必要だと言いたいわけです。
それともうひとつ、ここまで触れなかった韓国についてコメントしたいと思います。今回の国連決議や各国の綱引きを見ていて、韓国の姿は全くありませんでした。では韓国は何をしていたのかと言うと、私が「泥棒に追い銭」だと言い続けてきた太陽政策の是非を巡って国内が揺れています。この期に及んでまだそんなことを言っているだけでも稚拙そのものですが、つい最近まで北朝鮮政策について成功をアピールしていた連中がここに来て手のひらを返しているサマを見て、何とも言えない脱力感があります。
先日北朝鮮がミサイルを発射した時に、日本は危機管理に動きました。その行動に対してノムヒョン大統領は「日本のように早朝から大騒ぎすることではない」とコメントしました。反日政権らしいコメントですが、そのコメントを発した数ヶ月後にこの核実験です。政策の失敗は明らかで、韓国国民は騙されていたのです。熱くなりやすい国民性を利用して北朝鮮シンパの政治家が韓国全土を危険にさらしているのです。このことに気づいている人も居るようですが、国全体の問題として気づくべきでしょうね。
韓国ではもうお家芸とも言える「国旗燃やしショー」、今度は北朝鮮の国旗が燃やされていました。この人たちってこの前まで日の丸燃やしてた人じゃないんですか?どんな理由であれ他国の国旗を燃やしたりするのは民度が低い行為です。他に思想を表現する手段が無いアホがやることですから、こんな連中をいちいち取り上げて報道すること自体が不快です。
今回の核実験は、日本だけでなく韓国も中国も、ひいては世界が有耶無耶にしてきたことをちゃんと整理する時期が来たということを示しています。関係している国の国民は全ての人が自分の意見をちゃんと持つべきです。そうでないと、いたずらに世論を右傾化させるポピュリズムの餌食になりますよ。

運動会のヤカラ軍団

昨日は城東区にある某小学校の運動会に顔を出してました。午前中に行った時から既に小雨がぱらついていましたから、こんな天気よう運動会やるなぁと思ってたのですが、昼を過ぎた頃からいよいよ雨は本降りに。
すると運動会を手伝っているPTAの人なのか、生徒の母親と思しき人に詰め寄っている一群がありました。「こんな天気で子供ずぶ濡れやないか!」「ちょっとは子供のこと考えんかい!」「今すぐ中止にせぇ!」などと口々に喚いています。
なるほどご指摘はごもっとも、昨日は雨だけでなく気温が低かったので子供の体温が下がって風邪を引くことも考えられます。ですがそれをお手伝いの人にまくし立てたところで何の決定権も無いのにどうするつもりだったんでしょう??しかも言い方が尋常でない。子供の親というよりはただのチンピラにしか見えませんでした。
お前らも言葉遣い勉強するために小学校からやり直せ、と思った次第です。それにしても最近は言葉の使い方を知らん奴が多いなぁと思う今日この頃です。

さて安部政権になって一つ目の仕事と言える中国と韓国との首脳会談が決まりましたね。日本と中国の地政学リスクを考えるとプラスに働くはずなのでもっと円買いかと思いましたが、やはり織り込み済みでしたか。116円ミドルになるようであれば買ったろうかと思ってたのに。現在は118円ロー。こんなもん買う気が起きません。唯一ちょっと食指が伸びそうなのはキーウィでしょうか。76円台にまで値を落としてます。3ロットくらい買ってみても…うーん、ちょっとリスキーですけどね。
今日考えられるのはそれくらいです。すんません。

<本日の戦略>
NZD/JPY 買い 76.70 3ロット

ホンマ忙しいです

相変わらずアホみたいに忙しい日々を送っております。特に新規Webの仕事が頻繁に入ってくるので作っても作っても次が入るという状況です。まさに嬉しい悲鳴ですが、とにかく体を壊さないように注意したいと思います。HTMLやCSSを理解できる方は手伝って下さい~!
あまりの忙しさにパチンコ屋に入ることもほとんど無く、外為相場すらマトモに分析できていません。先週1週間は全く売買注文を出せませんでした。
その間にも色々を興味をそそるニュースがありました。ここ一週間くらいで興味を引いたのは以下のニュースです。

・消費者金融大手が借り手に生命保険
・サハリン2の事業許可取り消し
・阪神と中日、3ゲーム差に

消費者金融大手が借り手に生命保険を勝手に掛けて、借り手が死んだ際に生命保険の支払いを受けていた…というものです。これに対して「命を担保に取るとはケシカラン」という集中砲火が起きています。これってダメなんですか?生命保険に限らず保険ってリスクヘッジ商品でしょ?消費者金融は無担保・無保証人で信用力の弱い人に融資するんですからそれくらいのリスクヘッジをしておかないと金利はもっと高くなりますよ。上限金利を下げれば何とかなる、とか生命保険を批判してる人って経済について勉強したことあるんですかね?
ロシアが不法占拠しているサハリン(樺太)で天然ガスプラントの計画があったのですがロシアの身勝手な方針によって計画が中止に追い込まれようとしています。金が無い時は外資の参入を歓迎してたくせに、ちょっと経済力がついてくると外資オンリーのプラント計画を政治の力で潰そうとする。こんな国には投資が集まるはずもなく、こんないい加減な国はまた経済後進国になったらいいんです。そもそも樺太の南半分って日本の領土だったんですが戦争に負けた時点で領有を放棄したんです。日本が領有を放棄しただけでロシアの領土にするとは世界中のどの公式文書にも書いてません。所詮はこの程度の国なんですよ。
阪神と中日のゲーム差が3になり、あれよあれよと言うまに逆転優勝が現実味を帯びてきました。今日は虎の雄姿を見て納得して帰るつもりでしたが、まだ優勝を意識した観戦になりそうです。すごいぜ虎!

<本日の戦略>
USD/JPY 買い 116.15 → 116.70
EUR/JPY 買い 148.10 → 148.75

夢が終わりました

2006年9月16日、プロ野球中日の山本昌がノーヒットノーランを達成しました。41歳にしてノーヒットノーラン。しかもエラーが無かったら完全試合でした。そのノーヒットノーランを食らったのは阪神タイガース。これには参りました。
41歳にしてノーヒットノーランという記録はあまりに偉大です。それ自体は拍手を送ります。ですがそれを食らった虎、この一撃で2006年の夢は潰えました。元々虎は中日の山本昌と横浜の三浦大輔を天敵としており、いくつ勝ち星を献上したのか計測不能です。ところが昨年のオフにいきなり読売の陰謀で始まった2段投球フォーム問題で三浦大輔はクロと判定され、投球フォーム改造を余儀なくされました。そのせいで往年の大エースは影を潜めて虎の天敵でもなくなってしまいました。ところが山本昌は違いました。元々投球フォームに横槍が入ったわけではないのですが、41歳にして今年も充実の投球内容で中日の進撃にも貢献しています。
dscf1060.jpgオールスターゲーム時には中日とのゲーム差を1.5まで肉薄していたものが、オールスター明けの中日3連戦で3タテを食らい、そのままズルズルと中日のマジック点灯を許してしまいました。藤川球児がヒーローインタビューで流した涙の効果もあってか一時は4ゲーム差まで肉薄するも、今季1度も勝っていない苦手のナゴヤドーム、そして天敵の山本昌に引導を渡されてジ・エンド。
暗黒時代からの虎を応援し続けている私としてはこの9月まで優勝を意識した観戦が出来ただけでも万々歳で全く不満はありません。ここまで食い下がって中日を追い上げた実績というのは勝負強さとなって来年以降も大きな力となるでしょう。昨日のナゴヤドームのラストゲームでは最終戦にして遂に勝利を上げ、8回の満塁時には今岡も代打で登場しました。今岡は岩瀬の前に全く手が出ず3球勝負で見逃し三振でしたが、登場するだけで大歓声となり、「何とかしてくれるかも」と思わせる今岡の迫力を感じられただけでも満足のいく打席でした。そして「今岡を出してダメなら仕方無い」とも思わせてくれた、まさに虎の大スターです。
まだ可能性は残っていますが、私はこの時点で満足してしまったのであまり期待しないことにしています。虎の甲子園チケットは3月1日に一斉発売されます。3月1日の時点で優勝が絡む大一番になると思ってゲットした9月26日のチケットが今季ラストゲームとなりそうです。この「元プラチナチケット」を握り締めて、今年も大いに楽しませて、怒らせて、そして泣かせてくれた虎に会いに行きたいと思います。

さすがに倒れました

今月はしょっぱなから新しい仕事なんかもあってめちゃめちゃ忙しいのは覚悟してました。このブログの更新が止まってることを見てもお分かりかと思います。
本業のWebで新規案件が2つあって、パソコン製作が2台。車屋仕事で下取り&販売が1件、車検受けが1件、修理受けが1件。そして物書き仕事が9件。そんな仕事たちと格闘しながら日々精進しておりました。
一昨日の土曜日、甲子園でナイトゲームを見に行く予定が入っていたので甲子園へ。試合結果は虎の快勝!というわけで甲子園球場で一騒ぎ、球場の周辺で一騒ぎ、そして梅田に着いてトラキチの飲み屋で一騒ぎ。
さすがに倒れました。日曜はどこで何をしてたのか、ほとんど覚えてません。
ええ加減歳を考えて行動せなあきませんね。

いつまでも倒れていては何も進まないので、今日からは通常営業しております。もちろん外為取引も。
ユーロ円150円、ポンド円223円というやり過ぎ相場にはそれなりの調整が入っており、今後もさらに調整が進むものと思います。買いから入りたい私としては手が出しづらい相場展開です。その中にあって、ドル円とユーロドルはレンジ相場を継続しており、当面の獲物と見るべきでしょうか。
ドル円は116-117という非常に分かりやすいレンジを継続しているので、116円絡みになったら買いを入れるようにしています。その繰り返しで9月4日に116.07買い→9月5日116.33売り(これはヘタレでした。+1314円)、9月7日116.13買い→9月8日116.73売り。+4458円という成績でした。うーん、どっちもレンジがここまできれいに示現するとは思ってなかったので本来の利益を取り損ねた感は否めません。現在116円アッパーですのでこれが116円絡みに下落したら迷わず買います。利食いターゲットは116.85。
ユーロドルは1.26ミドルまで下落して、現在は下げ止まりを見せています。先週末は日足でも同事線が見られておりここらが当面の下げ止まりかと思います。ユーロドルは売りポジションがスワップ受け取りなので1.27ミドルまでの上昇があれば売りから。

<戦略>
USD/JPY 買い 116.10 → 116.85
EUR/USD 売り 1.2745 → 1.2665

ブラックホール

かに座方向、約127億光年離れたそれはそれは遠くに超巨大ブラックホールが見つかったそうです。とてつもない重量と重力で周りの物を全て吸い込んでしまうブラックホール、当然地球の近所なんかにあったらアッと言う間に何もかも飲み込まれてしまうわけですが、広い宇宙にはこんな恐ろしいものが当然のようにあるわけです。改めて地球に生命が存在する奇跡を感じずにはいられません。
ブラックホールというとかつて中学生の頃、理科の先生に白鳥座X-1というブラックホールについて初めて教わった時の感動を思い出します。あまりに強い重力のために脱出するのに必要な速度が光速を超え、光ですら脱出することが出来ないため真っ黒な天体にしか見えません。だからブラックホールと言うのですが、そういった強力な重力場のエリアをシュヴァルツシルト半径と言って…ブラックホールの講釈はこれくらいにするとして、大いなる宇宙の神秘であることは間違いありません。
このブラックホールに吸い込まれてる最終の宇宙空間では水素などの原子核と電子が電離しているそうです。とてつもない重力の中では宇宙空間と言えども正常な空間ではないということですね。最近は冥王星を巡る話題やこのブラックホールなど天文オタクの私をうならせる夢のあるニュースが多くて実に面白いです。

さて、外国為替にもサプライズがありました。
ついにやりました。ユーロ円が150円台です。ロンドン時間に一瞬突破しただけですが、当然ながら史上最高値で、人類がかつて見たことのないユーロ高です。ユーロ高につられて同じ欧州通貨であるポンド円も222円を突破。投機筋の仕掛けが原因でしょうが、さすがにやり過ぎでしょう。
さてユーロ円は本日も149円アッパーで150円を攻略中です。再び150円を一瞬突破して弱含むようなことあればダブルトップ完成で150円絡みの売りが面白そう。というわけで今日のロンドンスタートは要注目です。これまでさんざんユーロ円にはやられてますが、今度と言う今度は許しません!
派手な欧州通貨の影に隠れてオセアニアが実に堅調です。原油高に引っ張られた資源高によるオージー円の上昇、そしてそれにつられて高金利通貨であるNZ円が上昇してるという構図ですが、さすがに高止まりで買う気になれません。かと言って売る気にはもっとなれません。ここは様子見ですが、押し目があったら容赦なく買いましょう。
とりあえずオージー円の押し目は一目転換線の88.42付近、NZ円も一目転換線の74.48といったところでしょうか。それでも高い感が強いのであまりオススメは出来ませんがね…。

<戦略>
EUR/JPY 売り (150円でWトップ完成を確認して) 149.95
NZD/JPY 買い 74.45

桜川エロエロビル

昨晩、某ヤーサンと飲みに行きました。一軒目は普通の居酒屋でしたが、二軒目として久しぶりに行ってみたいという話になり、桜川のアポロビル、通称エロエロビルに行って来ました。
私がこのビルに足を踏み入れるのは人生で2回目です。前回は6階の「ピンクプードル」という店に行きましたが、昨日は地下の「スプラッシュ」という店に突撃です。私が支払ったわけではないので正確な代金は知りませんが、おそらく入店料一人1万円で飲み物が1杯1000円だと思います。
店の中に入ると全裸にスケスケの浴衣を着ただけの女の子が店内を歩き回ってます。それだけでも面食らいますが、ショータイムになるとTバックだけを身に付けた女の子が踊る踊る。裸同然なのでエロんですが、それ以上に踊りが素人っぽくなくてプロの仕事でした。単にエロだけではないところがいまだにエロエロビルが支持される所以なんでしょう。
チップ1000円を渡すとプライベートダンスということで自分の前でエロエロダンスを踊ってくれたり、さらに個室に行くチップとして3000円~を支払うと個室でイチャイチャ出来るシステムになってます。このあたりは前回行ったピンクプードルと同じです。
いやぁそれにしても凄かったです。9月18日は大運動会というイベントだそうです。その言葉に何ともエロい想像は膨らむばかりですが、連れて行ってくれたヤーサンが妙にお気に入りだったのでこの日も行くことになるかも知れません。
ちなみに22時半からはショータイムだったんですが、その時間帯になると店内は満席で100人以上の男がひしめいていました。

高校球児とスロッター

今年の春頃から物書き仕事をするようになりました。元々物を書くのは好きなのでちょっとしたバイト気分でやってます。そんなバイト気分でやってた物書き稼業ですが、これまでの実績を買ってくれたのか今月は本丸ごと一冊分という大物の依頼が舞い込んできました。その原稿をとりあえず今日、一発目の納品を終えたところです。3日後が最終納品日なのでそれまでにドバーッと訂正指示が入るでしょう。今日は束の間の休息ってやつです。
いやぁそれにしても高校野球の決勝戦は凄かった。久しぶりに阪神戦以外の野球中継で感動しました。昨日は会社だったので昼休みに何気なく通りかかった千日前のパチンコ屋でテレビ中継が流れてたので思わず足を止めて見入ってしまいました。優勝の瞬間はパチンコ屋のテレビであることを忘れて爽やかな感動を覚えたものですが、ふと我に返って店を見渡すとそんな感動的なシーンなんか全く見てない人々が一心不乱にパチンコやパチスロを打ち続けてました。カッコ良すぎる高校球児を見た直後だけにあまりにもショボく見えたのは言うまでもありませんが、私も日によってはその一人なのかなぁとちょっとブルーになりました。
世界的にはドルは売られてるものの、円はもっと売られてるのでクロス円に引っ張られる形でドル円も堅調に上昇。レンジの下限が114.90くらいまであるかと思って買い注文を入れてたのですが、結局115.30で反転上昇でした。ちょっと欲張ったか。現在116円前後ですが、再度下落があるとしたら115.30のレンジと見ますので、114.90のオーダーを115.30に再セット。
オセアニアが実に堅調です。原油高をはじめとする資源高に支えられてコモディティ通貨が堅調な中、オージー円も、それにつられてNZ円も実に堅調です。更なる上昇トレンドを指摘する意見が多いのでここは一発オージー円をやってみますか。チャート的に見ると一目先行スパンは上昇トレンドで1週間以内に雲が87.30に到達します。昨日の日足チャートでもボリンジャーバンドの下限が87.31に布陣してますから、下値は87.30が堅いと見るべきでしょう。ストキャスティクスは25%付近でゴールデンクロス…となると美味しい取引になりそうですか?

<戦略>
USD/JPY 買い 115.30
AUD/JPY 買い 87.32

ものすごい買いですね

昨日のNY時間にあったFOMC政策金利発表は特にサプライズもなく、利上げはありませんでした。これも大方の予想通りです。ですが市場には利上げを見込んでいた勢力もかなりあったようで、政策金利発表直後には相当数の売りがあったようで、かなり値を下げました。その後は値ごろ感なのかファンド系からの仕掛けなのかは分かりませんが、ドルは大幅に買い戻されてFOMC前の水準をあっさりと突破。現在では115円アッパーで取引されています。私も115.53で買ったドルに辛うじて含み益が出たので決済しました。+1120円。
それ以外に目立った動きというとキーウィです。71.71で決済して儲かったと思っていたのも束の間、今日は72円を明確に突破し、72円ミドルに迫る勢いです。あぁー!こんなことならもっと持っとけば良かった。儲かったのですから贅沢はいけませんがヘタレトレードはこういう時に悔しい思いをさせられます。
さて今後の戦略ですがキーウィを買おうにもあまりに高いので再度71円絡みまでの下落待ち。ならばオージーは?とも思いましたがオセアニアはクロス円の中でも総じて高いので傍観です。
ドル円がFOMCを経てもレンジブレイクとなりませんので、このレンジ相場に参戦してみたいですね。ドル円のレンジは114.50-116.00ですから、114円ミドルに下げたら迷わず買い、このスタンスでいきます。
ドル円がレンジブレイクしていないのと同じようにユーロドルもレンジ相場が続いています。ユーロドルのレンジは1.27-1.30ですからこのレンジにタッチするようなことがあれば参戦する予定です。

<戦略>
USD/JPY 買い 114.55
EUR/USD 売り 1.2950

PR:本日「ヤバい話」を更新しました。そちらもよろしくお願いします。
http://blogst.jp/tackun/

大阪市長公館に潜入!

1.jpg先日、大阪市長公館で夕涼み会なるイベントがありました。VIPにしか声が掛からないレアなイベントですし市長公館に入る機会もそうそうないので行ってみることにしました。市長公館は大阪の迎賓館の役割を果たしており、外国や地方からの賓客を招待するためにあるのでそれはもう重厚で豪華です。APEC大阪会議があった時に各国の首脳が集まったらしく、記念のサインが飾られていました。大阪市主催のイベントとしてはこれまで行った中では大阪日米協会が主催している日米交流イベントが一番セレブ色が強いものでした。大阪の名だたる企業のトップが名を連ねてロイヤルホテルで開催されるのですが、ビンゴ大会の商品も協賛するノースウエスト航空のアメリカ行き航空券など豪華そのものです。
3.jpg4.jpgこの夕涼み会はそれとは若干落ちる面子で、食事もイマイチでした。前はロイヤルホテルの豪華ビュッフェだったのに対し、今回は大阪の粉もん団体が主催するたこ焼きとお好み焼き。それぞれ「くくる」と「千房」が来ていました。
食事や飲み物はさておき、すごかったのはやはり市長公館の内部です。庭に茶室あり、黒竹あり、東屋あり。黒竹というのは竹の幹の部分が真っ黒になる竹で、中国では古来から高級な竹として珍重されているものだそうです。それがこの市長公館にはウヨウヨと生えていました。庭の手入れもなかなかで、見ていて面白かったです。市長公館は大川沿いの旧藤田邸や太閤園の近くにあります。夜だったこともあり、河の対岸にあるOAPタワーや帝国ホテルの夜景は良かったですよ。

ここ最近のクロス円上昇の波に乗ってキーウィも71円台を明確に超え、71円ミドルはおろかアッパーまで上昇しました。71.30で買っていた私のポジションにも含み益が出たので71.71で決済。+7920円。
その後もクロス円の上昇トレンドは続いています。特にポンド円は220円になろうかという上昇を見せましたがさすがに219円アッパーでサイコロジカルに跳ね返されて反落。現在は219.12-21で取引されています。ポンド円の220円は非常に売りが厚いと予想されますので219.85-95あたりでは売りです。但し220円をあっさり突破するようなことがあるとストップを引っ掛ける可能性があり、ヤバい局面も予想されますので220.10を超えたあたりで損切りがいいのでは?
ドル円は現在115円の攻防中です。特に材料がないため落ちては買い、上げては売り、を繰り返しているようです。本日のNY時間にはFOMC政策金利がありますから、ここで何かサプライズがあれば一気に値が動くことも考えられますが…今回はサプライズは少なそう。5.25%で据え置きが大方の予想ですが、もし5.50%に引き上げるようなことがあれば急騰するでしょう。問題はその後の声明文ですが、今後の利上げを示唆する文言があるのか、打ち止めを示唆する文言なのか。声明発表は3:15なので宵っ張りの人は参戦してみてはいかがですか?私は114.55に買い注文を置いて静観です。

<戦略>
GBP/JPY 売り 219.90
USD/JPY 買い 114.55

日焼け防止のつもりが

先日、車が壊れてしまったので買い換えました。新しくやってきた車は窓が透明のままで冷房の効きが悪く紫外線が入ってきて日焼けするのでウィンドウフィルムを貼ることにしました。その作業をしたのが先週の金曜、梅雨明け間近でめちゃめちゃ晴れてた日です。
炎天下でフィルム貼りの作業をした結果、肌という肌はすっかり日焼けしてしまいました。日焼け防止のフィルムを貼る作業ですっかり日焼けした次第です。
昨日のNYタイムあたりからオセアニア、特にキーウィに大きく仕掛けが入りました。NZ円で高値が71.14、71円台をアッサリ突破してこのままトレンド転換かと思わせましたが現在ロンドンタイムでは70円ミドル。まぁそらそうでしょ。71.34で買いポジションを持ってるのでそのまま上昇もアリですが、スワップ蓄積を狙ってるので無理に今すぐ上昇しなくてもいいと思ってます。
ユーロドルが1.28を突破しました。1.22台で売りポジションを塩漬けしてる私としては遠い遠い利食いポイントではありますが、ここまで高いと1.28台からの売りで入ってみようかと思います。ボリンジャーバンド上限の1.2880ライン、ここまで来るとは思えませんがタッチするようなら売りで。

<戦略>
EUR/USD 売り 1.2880

お久しぶりです

お久しぶりです。ここ最近物書きの仕事がアホみたいに忙しくて、文章を書くことにお腹が一杯になっていました。それでは久々のHetare-FXです。
北朝鮮のミサイル発射、そしてイスラエルとレバノンの紛争など地政学リスクが外為市場に大きな影響を及ぼしています。その矢先に日銀が0.25%の利上げを敢行しましたが、その後の利上げに対して否定的なコメントが相次いだため、利上げ局面にも関わらず円は一方的に売られる展開となりました。しかも「有事のドル買い」という言葉通りドルが他の通貨に対しても大きく買われており、ドル円は117円突破、ユーロ円はユーロドルの下落につられる形で上値が重い展開。有事ということもあって原油価格も跳ね上がり、コモディティ通貨は上昇しました。その影響でオージー円やNZ円も大きく上昇しました。お蔭で70.90で立てたキーウィの買いポジションと89.70というとんでもない水準で立てたオージー円の買いポジションの双方で利食いに成功しました。キーウィは71.40で決済したのですがその後も上値は伸びて73円ラインまで到達しました。このラインまで持ってれば…とかなり勿体無い気はしていますが、利食いが出来ただけでも良しとする他ありません。
さて今後の展開ですが現在問題になっている地政学リスクは当面解消しそうにないので円売りの展開を想定しておいた方がいいでしょう。ドル円はさすがに117円で買う気にはなれないので、押したら買い。理想は116円ロー。
ポンド円も異常な高値が続いています。214円近くまで伸びた上値はさすがに反落して現在は213円も割っています。再度上昇があると思いますので、214円手前から戻り売りで。本来なら現状水準から買ってもいいのですが、さすがに210円を超えてるポンドを買うのはかなりの根性が要りそうです。
オセアニアの下値がどこまで固いか不透明ですが、キーウィで再度買いから入りたいので下落を気長に待ちたいと思います。

<戦略>
USD/JPY 買い 116.30
GBP/JPY 売り 213.90
NZD/JPY 買い 70.30

ヤバい話

かねてよりやりたいと思っていた「都市伝説」研究のブログを立ち上げました。
都市伝説やデマ、噂話は全く根も葉もも無いものから実にもっともらしいもの、あながちデマとも言い切れないものまで色んなものがあります。
このブログではそんな都市伝説を紹介し、検証していこうと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

ヤバい話
http://blogst.jp/tackun/

日本橋萌えツアー報告

先週の金曜、日本橋で萌えツアーを敢行しました。萌え文化の発展著しい大阪・日本橋でまだ行ったことがない店に行ってみよう!ということでもう一人のオタクを連れてツアーに出発!
051217_zqn_0002.jpg1軒目は「おんりぃわん」というコスプレカフェへ。ここはプライベートコースとカフェコースというのがありまして、カフェコースは普通にお茶を飲むだけのコースですが、プライベートコースは自分の席で女の子と1対1になってトークを楽しめるというものです。20分2000円。これが高いのか安いのか、入ってみてからの判断です。座席は床に座椅子のようなものを置いてそこに座り、女の子は正面で座布団のようなクッションに座ります。セーラー服なので正面に座ると見えそで見えなさそで…という趣向が売りのようです。10分経過すると女の子が変わります。私はノーマルにそれだけで店を出ましたが、店にあったオプションメニューはかなりマニアックなものでした。「女の子の衣装を変える(衣装持込可、とありました。これは味噌です)」「女の子が三角座り」「隣に座って腕を組む」…変態の臭いがするものとしては「髪の毛お持ち帰り」というのも。「新妻ごっこ」というのもありましたが何をするのか聞いても言葉を濁されてしまいました。怪しいです。ここでの使用金額2000円也。
次は堺筋の反対側、ジョーシンディスクピアの裏通りにある「ZQNカフェアルゴ」。ちょっとコンセプトが分かりにくい店なので店のサイトにあるコンセプトを見てみましょう。
「キュントちゃん率いるエィゲ空部隊の特務隊員達とQちゃんは、任務完了後の帰還中マシンのエンジントラブル?!により、一同を乗せた船は地球へとまっさかさま!!キュントちゃんの見事な操縦技術のおかげで、何とか怪我もなく無事に不時着…しかし、機体の損傷は激しく飛行不可能。不時着地点は休校となり無人化した学校跡地。キュントちゃんとその一行は機体修繕費用を作るために地球の知人に相談しZQNcafeARGOをオープン!!てんやわんやの日々が始まるのであった…。」
なるほどそういうことですか。宇宙人が地球に不時着してまた帰るための資金稼ぎだそうです。その割には私が注文したコーヒーは400円でした。そういうことならもっと高い物を注文してあげれば良かったと後悔しています。
header.jpg最後に向かったのは正統派メイド喫茶と評判(?)の「めいどるちぇ」。日本橋のメイド喫茶は「カフェドール」と「CCOちゃ」が正統派だと思ってますが、ここは記念すべき3店目の本格派メイド喫茶です。ちょっと店の作りが狭いのと、座る席によっては全然メイドの姿が見えないという当り外れがあるのが少々気になりますが、この店は繁盛してるので近いうちにもっと広い場所に移転するかも知れません。
以上日本橋萌えツアーレポートでした。

う、動かない

まもなく5時。普段なら外為市場に欧州勢が参戦してくる時間帯です。東京時間の地合を引き継ぐのか、それとも欧州勢の仕掛けが入るのか?色々な思惑が交錯する時間帯なんですが…。
それにしても動きません。サッカーのワールドカップが始まってからというもの、欧州時間はかなり取引量が減っているようです。ディーラーもとっととサッカー観戦に帰宅してしまうそうですから日本と欧州のサッカーに対する熱意が伝わってきますね。
今日もロンドン時間はイベント無しでNY時間までは一時休戦となりそうです。

サッカーでも通貨でも日本ピンチ!

昨日のクロアチア戦はすごかったですね。まさに死闘という言葉がピッタリの消耗戦で、終了間際の両チームはバテバテでした。簡単なパスがつながらなかったり、ミスを連発したり、と試合開始直後では考えられないようなプレイが連発してました。試合前は日本をナメきった発言を連発して(これも戦術なのかも知れませんが)たクロアチアに勝たせなかったというのは大いに意義のあることで試合内容を見ても健闘したと思います。WBCに続いて、今年はスポーツの国際大会が楽しませてくれます。
世界がワールドカップに夢中になっている間に外為相場では色々とニュースが起きています。底が抜けたような円安が続いていますが、理由はやはり日銀総裁の村上ファンドに関わるスキャンダルに絡んでゼロ金利政策解除のタイミングが遠ざかったと見る円ベア筋の円売りに歩調を合わせるように進む日本株の叩き売りも影響していると思います。ポンド円213円、ユーロ円145.75円というのはどう考えても尋常な数字ではありません。
ここまで進んだ円安には必ず調整が入ると見た私はポンド円とユーロドルで新規ポジションを立てています。ですが、円安はさらに進みどちらのポジションでも含み損が出ています。いくらなんでもこの異常な水準で損失確定するわけにはいきませんので、しばらく保有して静観してみようと思います。
というわけで資金力の都合もあって当面は決済タイミングを図りつつの様子見となりそうです。

ワールドカップ休戦

外国為替市場には世界三大市場というのがあります。取引量の多い順からニューヨーク、ロンドン、東京です。東京は残り2つの市場とほとんど時間帯が重複しないので独自の動きをしますが、ロンドンとNYに関しては4時間時差なので半分くらいの取引時間は両市場が重複しています。よってNYはロンドンの流れを引き継ぐことが多く、ロンドンオープンの時間が大注目となるわけです。さてここ最近はワールドカップサッカーが開催中で欧州市場はサッカー休暇とも言われています。実際に取引量も減ってるようで、市場参加者がサッカーに釘付けになっていることが大きな原因だと言われています。欧州のサッカーに対する盛り上がりというのは日本とは比べ物になりませんからね。
そんな相場展開の中、ドルが急伸中です。109円台まで売り込まれたドルが現在115円台。世界で同時に起こっている株安や商品安によって投資マネーがドル買いに流れている、という説や米国の強い経済指標が材料視されたという説、そして利上げを見越したドル買い説などなど…見方は様々ですがこれらがどれも重なり合ってドルが買われているのは確かのようです。ユーロドルはジリジリ値を下げているんですがユーロ円は144円が底堅く、ドル独歩高であることが分かります。少し前までのドル安トレンドの際には115.50が大きな節目でした。今回も115.50をトライする局面がありましたが、現在のところ破っていません。今回も115.50が強く意識されるんでしょうか?短期的には115.50のレジスタンスを信頼して売りから、ロング派の方は115.50のブレイクを確認して買いで付いていくのがアリか?いずれにしても私はちょっと手を出せそうにありません。
ではどこでやるのか?ドル高の影に隠れてオセアニアが売られています。商品市場の下落も影響してるでしょうからこのトレンドはしばらく続くでしょう。キーウィが71円割れ、70円ミドルに達したら迷わず買います。現在はその下落待ちの状態です。
チャート的にはユーロドルとNZ円が面白い局面になってきています。どちらも一目の雲に差し掛かっておりそれが抵抗泰やサポートとして機能するか?その見極めをした上で積極的にトレードしたいと思います。
eurusd.gif

nzy.gif

ユーロがえらいことになってます

ECBで政策金利は据え置かれました。これはほぼ織り込み済みだったので市場の反応は薄いのですが…なべ底が抜けたようなユーロの大暴落が止まりません。そもそもユーロ圏にこんな経済力があるはずもないのに今のユーロ相場は異常だと言い続けてきた私ですからこれは妥当な動きであると言えます。同時に私のダメダメポジションの含み損がどんどん小さくなっているので喜ばしいことです。
eur.gif

そもそもこのユーロ大暴落のキッカケは日本株ではないかというのが私の見解です。村上ファンドの逮捕などのネガティヴなニュースに端を発した日本株の大幅続落は猫も杓子も、というバブルを演じてきた個人投資家の目を覚まさせるには充分すぎたわけですがこれを嫌気した投資マネーが日本から逃避した結果、ドル円上昇→ユーロドルもドル買い→ユーロドル大幅下落→ユーロ円も下落というシナリオではないでしょうか。ここ数日米国当局からのタカ派発言もドル利上げを予感させるものでこれがさらにドル買いに拍車をかけたと言ってもいいでしょう。しばらくはドルがどこまで上昇するのか、これをじっくりと見てからトレードに入りたいと思います。
111.70に入れていた注文はもうちょっとのところで不成立。これが成立していれば今頃は大相場に乗ってかなり利益が出てたでしょうが…大相場に弱い私のヘタレトレードぶりが如何なく発揮されています(笑)

しばしのご無沙汰です ここ1週間の成績

しばしのご無沙汰です。ここ最近は本業があまりにも忙しく、ヘタレFXの更新がすっかりおろそかになっていました。ブログの更新はしていませんがトレード自体は継続していましたのでその結果だけご報告します。

5/30 USD/JPY 買い 111.70
5/30 USD/JPY 決済 112.14 +3600円
5/31 GBP/JPY 売り 211.03
5/31 GBP/JPY 決済 210.59 +2537円
6/01 USD/JPY 売り 112.77
6/02 USD/JPY 決済 111.90 +6945円
6/02 USD/JPY 買い 111.57
6/06 USD/JPY 決済 112.36 +6910円
6/06 USD/JPY 売り 113.68
6/07 USD/JPY 決済 113.13 +744円

トータル+20736円でした。本業が忙しい割にはこの1週間は積極的に米ドルを売買したのでそこそこの利益が上がっています。なお、この影に隠れて目立ちませんが前回の戦略で注文が成立したユーロ円の売りポジションがダメポジションとなって残っています。これは現在ユーロ円が145円という異常な水準にずっととどまっているのでここから妥当な水準に落ちてくるまでは放置プレイです。
さて次なる戦略ですが、米国要人からタカ派発言が連発し、さながら口先介入の様相を呈しているドル円が急騰したあと、113円で下げ止まっています。ここが固いようであれば今度は買いから。115円台などという超強気発言も見られますが、さすがにそこまでは。買いタイミングとしては113円割れで112.70あたりが理想的ですが、RSI低位からの参戦もありだと思います。
前回69円ミドルからの買いで美味しい思いをさせてもらったキーウィが昨日は71円台に乗せました。こんなことなら70円ミドルからでも買っておけば、と悔しい思いをしたものですがまたぞろ71円割れでジリジリと下げています。70円ミドルで今度こそ買いか?!

<戦略>
USD/JPY 買い 112.70-113.00
NZD/JPY 買い 70.45

いわゆる「投資話」

昨晩、日曜の夜にも関わらずちょっと面白い話を聞いてきました。私がやってる外国為替取引と同じことをやってるグループが居るそうで、彼らにお金を預けると高配当でお金を返してくれると言うのです。現在募集中のものが1ヶ月預けて30%、その次は3ヶ月預けて100%(つまり元金が倍!)と言いますから尋常ではありません。その出資を募るために全国行脚をしてるそうなんですが、外国為替をかれこれ2年近くやってる私としては株でもないのに100%を超える運用成績が出せるということが信じられません。毎日やれ2000円だ5000円だとチョロチョロと利益を取ってる投資生活をしてる訳ですからね。でもこれくらいのチョロ勝ちを続けていくのが一番儲け話としては現実味があるように思います。この話を説明してくれた人はキャバクラで50万円使った話や、フェラーリを9台所有してる人の話をしてくれましたが、これってネットワークビジネスの類を勧誘する時の話に似てるような気がします。この話が本当か?それとも詐欺か?試してみたい方はご連絡下さい。ご紹介しますよ。私ですか?私は儲け話という以前に自分で外国為替をやってるのに、その運用を人に任せる気にはなれませんし、初対面の人間に儲け話を持ってくるようなお人好しは居ないという格言もありますからね。
さて自分で運用しなければならない私の今日の戦略です。今日はロンドン、NYが祝日でお休みです。要するに東京しかマトモに稼動している市場は無いということです。先週の週末に米国議会の建物で発砲音がしたというニュースが流れたり、悪い経済指標が出たりで若干ドルが売り込まれています。今日の東京時間でも為替予約(注)に絡むドル売りがあるという噂があるので短期戦略として111円台からのドル買いでいきます。上昇圧力はそれほど無いですが、4/11の高値~5/17の安値でフィボナッチ・リトレースメント38.2%戻しが機能してる様子なのでそこまで。
他の通貨ペアを観察してるとポンド円がチャート的に攻めやすい感じになってきてるので211円ローの高値ゾーンからの売りで。

(注)為替予約…為替リスクを管理するために開発されたデリバティブ商品。指定の期日に予め決まったレートで外国通貨を売買できる契約を取引しているもの。輸出企業や輸入企業にとっては早期に想定為替レートを確定して為替差損を回避出来るため利益計画を立てやすいメリットがある。

<戦略>
USD/JPY 買い 111.70 → 112.90
GBP/JPY 売り 211.10

頑張れ40代

昨晩は40代の女性2人と飲みに行ってました。40代、と言っても見た目も話す内容も到底40代とは程遠い2人なので全くそういう意識はありませんが、あの強烈な性欲のオーラみたいなものは40代独特のものでしょうか。30させ頃、40し頃と言いますがそれを地で行くようなお二方です。2人のうち一人は結婚して子供も居てるんですが、男漁りに夢中で昨日も狙った男をどうやって落とすか、というストーリーを仕立ててきてそれがどうなのかという話に終始しました。偶然を装って別の男と一緒に居るところとわざと鉢合わせにして云々というストーリーはマンガの世界というか中高生が考えそうな世界でした。いやはや世の中は広い。いくつになっても恋をするべきとは言いますがあのレベルになると「達人」の域です。このマンガ顔負けのストーリーは近いうちに実行される予定です。あな恐ろしや。
一昨日に外貨預金のつもりで、と仕込んだキーウィが今日になって急上昇。「70円を明確に超えるようなら迷わず売る」と公言していた通り売りました。+18000円。久しぶりにちょっとした金額の利食いとなりました。天晴れ。
昨日のドル円売りも一応成功はしましたが、今日になってあっさりと112円突破。何で??専門家も不思議で仕方ないというムードですが事実上昇してるのですから仕方がありません。112.40がトピッシュだという噂があり、何でかなと思ってリアルタイムチャートを見ようとしたらなぜか繋がらず…。結局その根拠が分かりませんでした。フィボナッチですかね?ですが相場はその噂通り112.40付近で折り返して反転しています。単なる押し目なのか111円台を目指すのか?ちょっと自分なりの根拠が分からないので手を出せません。
二匹目のドジョウを狙って本日もキーウィの下落待ちでいきます。ドル円はこのまま再度上昇して112.40でWトップを描くようなら売りからいってみますか。
いずれにしてもここ最近調子いいのでこの調子でガンガン攻めたいと思います。

<戦略>
USD/JPY 売り 112.40 → 111円ミドル
NZD/JPY 買い 69.30 5万ドル

株続落

昨日に続いて株が下がってますね。日経225は15000円ミドルですか。どんな相場にも右肩上がりがずっと続くというのはあり得ないんですからこういう局面は大いに予想されるんですが、市場は何か天災でも起きたかのようなパニックになっています。猫も杓子も株、株、株。書店には強気一辺倒の株本があふれて、証券会社やマスコミが煽りまくった結果がこれです。この下落で個人投資家は相当傷んでると予想されますが、種銭の少ない個人投資家はナンピンを入れる資金力も無いでしょうし、当面株を買い支える勢力は見当たりません。ホリエモンや村上ファンドが弄んでる株式市場の真の姿をしっかりと見届けておくべきです。
ドル円が急上昇の後は急落。111円のラインで辛うじて下げ止まった、という感じで現在も111.05-10で欧州勢参入待ちとなっています。この水準でサポートが機能するようなら買い参戦したいのでこのまま欧州勢を待ってみます。東京の下値110.95がサポートするなら買います。
…と書いてる間に成り行きで買いました。111.11。111円のサポートは充分に機能して欧州勢が111円ミドルまで押し上げてくれるという淡い期待を持つことにしましょう。昨日買ったキーウィと違ってこれは短期トレードなので111円ミドルまで行けば何も考えずに売ります。当面の売りどころは5月17日安値と5月22日高値のフィボナッチ61.8%戻しである111.41ということになるでしょう。

<戦略>
USD/JPY 買い 111.11 →111円ミドル

株が急落してますね

株が急落してますね。金利上昇や円高をにらんでの株安だとか後付けで色々と言われてますが、これまでの上昇トレンドが異常だったんですよ。それまで7000円~8000円台をウロウロ、というより低迷していた日経225がいきなり1万円突破、あれよあれよと言う間に16000円台なんてどう考えても異常です。それに対する調整や利食いが入って値を下げたところ個人投資家までパニックになって全面的に売られた結果がこの株安でしょう。そもそもここまでの実力があるとは思えない企業の株価まで水ぶくれしてたんですから、本来の株価に調整されるのは当然で、何ら不思議なことではありません。外国為替の世界では普通に語られることも昨今の株ブームではあまり語られることもなく強気論ばかりが独り歩きして結果として個人投資家が右往左往することになるのです。この株ブームに乗った(というより乗せられた)投資初心者の人達はここしばらくで株の怖さを体感することにいなるかも知れませんね。特に信用取引とかしてる人は要注意!
外為は先週からの流れを継いでドル円が急上昇する展開となっています。112.15の節目を突破したかと思うとアッと言う間に113円に迫る勢い。この買いパワーは強烈です。112円ミドルの頃にトレンドについていってみようかと思いましたが思案している間に112.85になってしまい、買いチャンスを逃しました。残念。
その代わりと言っては何ですが実に久しぶりにキーウィを買ってみました。70円割れしてから久しいですが、70円を割れたということは保証金の金額も下がっており非常に買いやすくなっています。69円絡みと言えばキーウィの通常のレートでそれほど低すぎる水準でもありませんから外貨預金のつもりで5万ドル買いました。70円を明確に超えるようなら売りますが、それまではスワップ狙いで放置でいきたいと思います。
ドル円とユーロドルは激しく値動きしていますので今日は様子見でいきたいと思います。こういう展開の時に手を出すとロクなことがありませんから。

<戦略>
NZD/JPY 買い 69.45 5万

勝っても見てくれない

いよいよ交流戦が始まりました。初の開催となった去年も大いに盛り上がり、今年も盛り上がりそうな気配です。虎は日本シリーズでどえらい目に遭わせてくれたロッテに快勝し、いいスタートが切れました。ちょっと出来すぎな感もあるだけに今日のチケットを持っている私としては雨とともにロッテの奮起が心配です。WBCが無ければボロクソに勝って欲しいところですが、WBCであれだけ感動を与えてくれた日本代表にはロッテの選手が多数含まれているだけに何とも不思議な気分を味わいました。今日は雨さえ降らなければ甲子園に行ってきます。他球場はどうなのかなとケーブルTVのチャンネルを流してみました。すると…。虎の中継以外に唯一地上波で中継されていたオリックスvs読売。何なんですかアレは?スカイマーク球場は交通便が悪い&雨降りという悪条件を考えてもあのスタンドのスカスカさはショボすぎます。アンチ読売の私ですから色眼鏡で見てる部分もありますが、オリックスの主催ゲームなのに実況は露骨に読売びいきでしたが、あの客入りの悪さはおそらく視聴率にも表れていると思います。裏ではサッカーのブルガリア戦もやってましたしなおさらでしょう。強くても客が入らない、視聴率が上がらない読売というのはどうやら重症のようです。ですが何の同情も危機感も感じません。ザマーミロ。
昨日もドル安一色の展開となり、東京時間も見てる間にジリジリとドル円が下がっているのが分かりました。5日移動平均と26日移動平均を見てみると4月20日にキレイなデッドクロスを示現したあとは下げ一辺倒。トレンドについていってみるかと成り行きの111.47でドル売り。直後は買い戻しが入ってまたもや相場観を外したかと思ったらNY時間にまたもや下げ。私の操作ミスで110.95に入れていたと思ってた決済注文が入っていなかったようで、朝一番に111.10で利食い。ちょっと儲け損ねましたが、+1225円。
110円まで節目らしい節目が無い以上、サイコロジカルとボリンジャーバンド下限の110円絡みからのロングメイクは変わりませんが、それまでに戻り売りチャンスがあれば積極的にやっていこうと思います。4月11日の高値118.92から昨日の安値110.95のフィボナッチリトレースメントを見てみると38.2%戻しの114.03が機能しているようですが、幾らなんでも今日中にここまで戻すとは考えづらいです。
なぜ今日中にこだわるのかって?今日は日本時間の午前3時にFOMCの政策金利発表があります。0.25%の利上げは完全に織り込まれており、問題は利上げ打ち止めなどのネガティヴな声明文があるかどうか。市場は完全にドル売り、つまりドル下値トライで攻め続けてますので少しでもネガティヴな文言があったら即ドル売り反応でしょう。それまでにいい形でドル売りポイントを探っておきたいんですけどねぇ。
当面は昨日の高値ゾーンである111円アッパーから狙っていきますか。但しこの戦略はFOMCが利上げ打ち止めを示唆することを前提としたもので、何かポジティヴなサプライズがあった場合は相場は完全に逆の動きをします。その場合の責任は負えませんのであしからず(笑)

<決済>
USD/JPY 売り 111.47 → 111.10 +1225円

<戦略>
USD/JPY 売り 111.80

連休中にドルが売り込まれましたね

ゴールデンウィークが終わりましたね。このゴールデンウィークは家の用事と仕事に明け暮れた感じがするので全然連休という感覚はありませんでした。その間も我らが虎はカード勝ち越しを続けてくれているので貯金も増えて上々です。
日本が祝日で連休になっていても海外は通常営業ですので外為市場は動いています。GW期間は日本勢の参戦が極端に少なくなるので円絡みで海外からの仕掛けが入りやすい時期でもあるんですが、市場は連休前のテーマをそのまま引きずってドル全面安の展開が続いています。
対円で112円割れ、対ユーロで1.27超えと市場のテーマはこのドル売りがどこまで続くのか、ということに焦点が集まってるようです。私のユーロドル売りポジションは当面塩漬けになりそうです。ここまで急激に円高が進行すると通貨当局の動向が注目されるところですが、原油高による輸入コスト増を円高で吸収しようという思惑もあり、今のところは静観の構えです。それが余計にドル売り円買いを誘っているという説もあります。金利打ち止め濃厚のドルに対して金利先高感がつきまとう円ですからこの動きは仕掛けというよりはファンダメンタルに裏付けられた動きと言えるでしょう。
さてこの急激なトレンド転換相場でどのように攻めるか?正直なところ様子見といきたいところです。ですが連休明けということもあり何らかのストラテジーを、という声もきそうなので敢えて戦略を立ててみます。逆張り派の私ですのでドル円はやはり下げ止まりを確認して戻りで食いたいというのが本音です。但しチャート上で主だった節目が見当たらないのでここはサイコロジカルな節目を探してみましょう。連休中は112円を割るかどうかという攻防が見られました。ですが連休が明けて日本勢が参戦するとあっさり112円割れ。どうやら本気で売りで攻めるようです。それでは110円はどうでしょう?いくらなんでもそこまで今週中に落とすとは思えませんが…。110円からの買いで。
ユーロ円もここからは下げの展開を考えておいた方がいいでしょう。ドルが対ユーロでも下げ続けているせいでユーロ円が下げ渋ってますが、ユーロにここまでの力は到底あるはずがありません。いつまで140円台に居座るつもりなんでしょう、ということで143円絡みからは容赦なく戻り売りで。
クロス円はちょっと怖いので(特にポンド円)当面は触らないようにします。オセアニアはやはりこの円高の展開でも底堅いですね。このあたりはホッとさせてくれます。

<戦略>
USD/JPY 買い 110.15
EUR/JPY 売り 142.95

パチスロ戦線視界良好

4月のパチンコ強化月間は好調です。先週から始まった連勝は4に伸び、昨日も仕事帰りに2軒回って2軒とも勝利を収めました。2軒目のキョーイチミナミは最近の定番「押忍!番長」を打ちましたがゾーン読みが見事的中、2台目にして連チャンGETとなりました。こんなにうまくいくことはそう滅多にありませんからGWまでは連勝街道を満喫したいと思います。
為替相場は人民元に関する発言などが絡んで先週からの円独歩高基調が変わりません。ドル円は遂に大きな節目である115.50をあっさり下方ブレイク、115円のストップロスも巻き込んで114円ミドル、昨日の欧米時間になるとそれすら持ちこたえられず114円ローまで急落しました。さすがに114円絡みは日本国内からの輸入筋からのオーダーが大量に入り値を若干戻しましたが。円独歩高なのでユーロも対円で大きく値を下げました。お蔭で143.20と142.30にあった売りポジションを相次いで決済。143円を割り込んで下落が始まった時に142.35あたりにある抵抗帯を意識したので一つ目のポジションはそこで決済しました。2つ目の決済値まで我慢してればさらに利幅は大きくなりましたが、ここはヘタレディーラーの本領発揮です。トータルで+6578円。
さてこの後の展開は?いくらなんでもドル円とユーロ円が急激に下げすぎたので若干の調整はあると思います。そこからの買いで。ですが戻しが入った後はトレンドが下向きのためすぐに下落が始まると思いますので利食いポイントは慎重に。
ポンド円も204円ミドルにある先行スパン、雲の下限で辛うじて下げ止まりました。意識されたのか?本日の東京時間で204.45-65のホールドが確認されたらここからのベンチャーロング(冒険買い)は一考かも知れません。一応オーダーは入れてみます。
こういう局面は相場が荒いので皆さんくれぐれも注意しながらいきましょう。自信が持てない時は様子見で。

<戦略>
USD/JPY 売り 116.34
EUR/JPY 買い 140.46
GBP/JPY 買い 204.50 → 206.38

パチンコ強化月間

毎年4月は「パチンコ強化月間」と勝手に名づけて熱心にパチンコを打ってます。というのも理由がありまして毎年4月というのはゴールデンウィークに合わせて各地でパチンコ屋が新しく出来たり既存の店が改築したりします。そのオープニングイベントを狙って、というわけです。大阪では今月GOKU道頓堀、アミューズ堺、ジャック&ベティ堺が新築オープンします。どちらもかなり規模の大きい店です。後は鶴橋にある七福神という店が改築オープンします。会社もあるし仕事もあるので全部行けるわけではないですが、極力打ちに行きたいと思います。ジャック&ベティ堺は堺浜というところにあり、先日整理券を取りに行きましたが、とんでもない場所にありました。堺浜というのは新日鉄の大きな工場があった場所のようで途轍もない空き地が広がっています。まさか大阪で地平線が見れるとは思いませんでした。そんな場所に突如としてシネコンや家電量販店、そしてパチンコ屋が出来るわけです。日程が合わないので素通りして帰ってきましたが、余程の用事が無い限りはもう行くことはないでしょうね。
昨日は欧米市場が一斉にイースター休暇でした。その間隙を突いてやはり仕掛けが入りました。ユーロ円が144.50越え、ユーロドルが1.2250越えということでどうしようもないユーロ高が続いています。というより円が売られすぎというところでしょうか。
ユーロ円に142円台と143円台に仕込んだ売りポジションはずーっと継続保有中です。史上最高値のラインに強い抵抗帯があると判断するのは当然のことで、現在の値動きを見てもこの相場観は堅持したいと思います。それにしてもいつまで続くんですかねぇ。
ユーロドルは様子見をしてましたが、こういうことなら1.22アッパーで売りから仕掛けてみましょうか。1.2270が本日の東京高値ですので、そのラインから。ロンドンタイムで一度でもタッチすれば御の字ですが。

<戦略>
EUR/USD 売り 1.2270 → 1.2075

いま、会いにゆきます

ima.jpg昨日TVで「いま、会いにゆきます」を観ました。中村獅童と竹内結子が結婚するキッカケにもなった映画ですが、そういう話題性とは関係なく観たいなと思いながら見逃してた映画でした。色んな評価のある映画で、出演者は家族とは何か云々ということを口を揃えて語っています。私にとってこの映画は自分の経験とオーバーラップする映画そのものでした。別に嫁さんを亡くしたことも無いですし、脳に何か障害があるというわけでもありません。
私がこの映画でシンパシーを強く感じたのは竹内結子演じる澪が限られた時間と分かっていながらそれを人に明かせずに与えられた時間を精一杯輝かせようとする姿です。ご存知の方もおられるように私は以前に事件を起こして刑務所に収監された経験があります。執行猶予中に起こした事件なので実刑判決はほぼ確実の情勢です。しかも執行猶予取消となると最長で2年10ヶ月の懲役暮らしとなってしまいます。幸か不幸か私はそんな事件の裁判中に保釈が認められ、遠く北陸の地から地元の大阪に戻ることが出来ました。5月9日に保釈となり、一日でも外に出たい一心だった私にしてみれば当日は飛び上がるほど嬉しかったものです。判決公判は6月2日。ちょうど30日間です。実刑判決となると即収監ですからそれを覚悟した上での30日間をどう過ごすべきか北陸からの帰り道で早くも考えることとなりました。金銭的なこと、各方面への謝罪、身辺整理…愛する家族を残しながらも二度とこの世界に戻ってはこれない澪に比べたら実に下らない悩みですが時間が限られているというジレンマは嫌というほど味わえました。30日なんてアッと言う間で、何かやるにしても1回ずつしか出来ないので何をやるにしても「これが当面最後」と思いながらやるのは何とも言えないものがあります。それでもこの30日間を少しでも輝いた時間にしよう、と一生懸命になったのをよく覚えています。
まもなく出所から3年が経過しようとしている今となっては笑い話とも言える話です。ですが昨日観た「いま、会いにゆきます」で雨の季節だけに流れた澪の素晴らしく輝いた時間には感動を禁じ得ませんでした。

ユーロバブル崩壊

NY時間にユーロが急落しました。ここまで積み上がってきた膨大なロングが遂に力尽きたといったところでしょうか。どう考えても異常な水準であるユーロ円144円ミドルなんていつまでも続くはずがありません。予想通りの急落で現在143円絡み。143円を割れるとロングのストップロスが大量に待機してるので一気に142円ミドルくらいまでは行くか?行って欲しいもんです。私と同じくユーロ・ショートで攻めていた皆さん、良かったですねー。
ちなみにユーロドルも1.22を守れずに現在1.21ロー。私はNYオープン時に一時1.2230あたりまで急騰した動きを見てたので、少し寒くなって本日ロンドンでつけた安値1.2167に利食いラインを変更したせいで儲けを半分ほど減らしてしまいましたが、やれやれです。金額に関係なくこの相場展開を歓迎します。
今度はドルが118円に乗せました。このドルの週末引けを見つつ118円をキープするようなら来週は戻り売りラインを探してみようと思います。

欧州通貨が急騰!

何なんですかこの動き?ユーロ円、ユーロドル、ポンド円が急騰中です。9時台に日経CNBCでユーロ円の動きがきな臭いなと思ってたら144円をブレイク。高値は144.13だとか。これはユーロ発足後の最高値更新です。一体ユーロのどこにそんな魅力が??
いずれにしてもユーロほど流動性の高い通貨でこの動きは異常です。そんなわけで私が今週はユーロの戻り売りと宣言していた通り143.20のユーロ円、1.2210のユーロドルでそれぞれ売り注文がヒット。ユーロドルはともかくユーロ円は含み損が一時1万円近くに膨れ上がりました。あぁ恐ろしい。
今晩はこのままNYで高値引けでしょうから、勝負は明日の東京でしょうか。もしかしたらウェリントン/シドニーの寄付きから一波乱あるかも知れません。
私と同じくユーロの売りポジションを持った方は朝から要注意です。

イルカの背びれ

先月、特に月末はパニック的な忙しさで、それをようやく終えたところで南紀白浜に行ってきました。南紀白浜アドベンチャーワールド、もう何回行ったか計測不能ですが動物好きにはいつ行ってもナイスな空間です。今回はオプションツアーということでイルカ、ペンギン、アシカに触ったり写真撮ったり出来るツアーに参加しました。元よりイルカとペンギンに特別な思いのある私ですから大感動でした。イルカの肌(?)は想像通りの手触りで、背びれを持ってみましたがあの硬さ、逞しさ(←この表現が卑猥に感じた方は健康です)。また来ようと強く決意して白浜を後にしたのでした。
今週のスタートはFOMCの利上げを材料にさらにドルが買い進まれています。そのためユーロドルはジリジリと水準を下げて1.21を割り込みました。1.21を境に下げ渋っていたので私は朝一番に利食いしました。+3467円。もうひとつのユーロ円は思ったほど下げませんがいつまでも142円ミドルを維持できるとは思えませんので慌てず騒がず下落を待ちます。
さて思惑通り下げたユーロドルですが1.2048にある先行スパンが今度は下の反転ポイントになると見ていますので下落待ちで今度は買い。スプレッド5pt分を見て1.2053。但し下落の勢いが強烈であっさり1.20を割り込むようなら1.1968が次の節目でしょう(3月29日安値)。もし1.2053で買い成立でさらに下げるようならこの水準まで買い下がり。
FOMCの影響をもろに受けたもうひとつの通貨ペア、ドル円も実に堅調に118円台突破です。一時のベアムードは一体どこへやら。5月10日の再利上げまではこの流れは続くんですかねぇ。いずれにしても短命なドル高でしょうけど、押し目があればちゃんと拾いたいと思います。先行スパン(雲の上限)にサポートがあるようですので今週なら117円ロー。そこで117.30で買い待機。たぶん成立しないでしょうけど。
ユーロ円は保有ポジションの決済タイミング待ちですが、うまく141円を割ってくれれば今度は買い場探しです。雲の上限140.24といったところでしょうか。うーん140円台のユーロを買うのには抵抗があるんですが…。

<戦略>
保有ポジションの決済待ち
EUR/JPY 売り 142.30 → 140円アッパー

新規ポジション
EUR/USD 買い 1.2053
USD/JPY 買い 117.30

生野から韓国の熱い風

先月はWebの仕事を2件請けていたので、それはもう忙しい一ヶ月でした。為替トレードもユーロの塩漬けがあったせいもあって今ひとつ身が入らずショボい取引の一ヶ月でした。プラス3000円くらいしかやれてないと思います。
お蔭様で仕事は見事納品を完了し今月を迎えることが出来ました。そのうちの一つは生野区にあるコリアタウン(御幸通商店街)の仕事で、その名の通りコリアンタウンである商店街から韓国の食べ物や情報を発信しようと言うサイトです。生まれも育ちも、そして国籍も日本人である私です。確かに生野区にコリアンタウンがあるというのは知っていましたし美味い店も知ってます。ですがまさか仕事の縁があるとは思っていませんでしたが、ひょんな縁から仕事を請ける事となり、制作期間約1ヶ月を経てようやく3月末に納品となりました。以前は鶴橋がコリアンタウンだと思ってました。確かに間違いでは無いんですが、ある時期にもっとコアなコリアタウンという商店街があることを知りました。ですが鶴橋ですら最初は敷居が高かったのに初心者である私が近寄れるような雰囲気ではなかったのを覚えてます。
今回取引先となり頻繁に行くようになって深く関わってみると、これまで見えなかったものが色々と見えてきます。いざ関わってみると別に怪しくも危なくも無いところで(当たり前ですね)、想像以上にフレンドリーな空間でした。韓国で日の丸を燃やしてるしてる下らん連中のニュースを見たせいで、もっと日本人に対して敵意を持ってるのかと思ったら全然そんなことも無いですし、むしろ非常に良くしてもらってます。そして、何と言ってもアツい。そらそうですね、生野区の旧猪飼野と呼ばれる地域は1500年も前より朝鮮半島からの渡来人が住み着いてすっかり日本の中に溶け込んでいます。もちろん猪飼野と言えども日本国内ですから日本人も多数住んでるわけで、両者は何の違和感もなく普通に隣り合わせて暮らしてきたわけです。これからもそこに住み続けるわけですから、日本と韓国が共生する街を良くしてやろう、とアツくなるのは当然かも知れません。私は今回あくまでもビジネスとしてこの仕事を請けましたが、彼らのアツさにかなりやられた感もあります。もっと我々日本人は彼らから発せられているラブコールに応える必要があるでしょうね。
これからもこのコリアタウンの仕事は個人的にも興味があって面白いので関わっていきたいと思っています。なお、そのようにして生まれたサイトは韓風ネットと言います。興味がおありの方はのぞいてみてください。
http://www.kan-fu.net/
さて話は外為に戻ります。
先週末にまたユーロが高騰したので高値圏で売り狙いが2つともヒットしました。142.30のユーロ円、1.2143のユーロドルをそれぞれ売りました。
が、ユーロはさらに上昇して先日のパターンをまたも演じるのかという局面が見えましたが今回はちゃんと折り返してユーロ円142円ミドル、ユーロドルで1.21ローというところまで水準を落としています。
ユーロ円はどこまで上昇しても143円の上に2度折り返してる強い抵抗帯があるのでそれを越える力はまず無いと見ています。月曜以降再度上昇があるなら143円ローで売り上がりです。最高でもボリンジャーバンド上限の143.56まで。
eurjpy.gif

ユーロドルは1.2048に先行スパン(雲の上限)があり、ここが一度関所となるでしょう。さらに下落したとしても1.20のサイコロジカルが第二の関所となります。ということで現在保有の1.2143のポジションは1.2050あたりで買い戻し検討。次のアクションは1.20ギリギリでの買い。
オセアニアは対円で何とか踏みとどまって反転しましたが、これは本格的な動きではないと思います。日本の個人投資家次第の相場ですから、まだ買い支えはあると思いますが…戦略的には戻り売りと言わざるを得ません。但し今週もユーロメインなので様子見。

<戦略>
保有ポジション利食いライン
EUR/USD 1.2050
EUR/JPY 141円ミドル

EUR/USD 買い 1.2010

お久しぶりです

久々の更新です。ここ最近本業が途轍もなく忙しく、為替トレードもやるにはやってたんですがユーロのクソポジションを手仕舞い出来た以外には売買成立がなく、完全無風状態が続いています。オージー円で89円台という恐ろしい買いポジションを保有してるので昨今のオセアニア暴落のあおりを受けて少々含み損が出ております。
FOMCは予想通り利上げを行いました。しかも次回の利上げをも示唆すると言う超強気発言のオマケ付きです。当然材料視されてドル円は118円台を回復するという強烈な上昇でした。相場が荒いので付いていきづらいですね。
当面の戦略で狙えそうなテーマは2つです。1つめはユーロ円。前から何度も売り時を狙ってましたが欲をかいてるのかなかなか売り注文が成立せず今に至っています。それでもずっと先行スパンに沿うような動きを続けており、ダマシではないと判断して先行スパンより「ちょっと上」を狙い続けます。本日は142円が上限。
eur.gif

もう1つのテーマはどうしようもなく下がったオセアニア。NZの下がりっぷりは特に強烈で70円台の大台割れまで一時見えましたが、さすがに跳ね返されて現在は71円絡み。何度も70円トライを演じて割らないようなら70円ローで買いを検討してみようと思います。それまでは72円絡みの売りから。

<戦略>
EUR/JPY 売り 141.85
NZD/JPY 売り 72.05

Winny情報漏洩は人災です

毎日のようにWinnyから情報が漏れまくってます。Winnyは究極のファイル交換ソフトとも呼べる最強ソフトですが、最強なソフトは副作用も強烈なわけで、スキルの低い人がファイルゲットのことだけを考えて不用意に使うと自分の意図していないファイルがガンガンばらまかれます。デスクトップのキャプチャー画面やデスクトップに置いているファイルを圧縮ファイルにして公開するウィルスが大流行していますので、ほとんどのケースはこのウィルスによるものです。Winny開発者は警察の法律拡大解釈によって逮捕された経緯があるので、警察のせいで問題点の修正も出来ないと皮肉たっぷりに公判で証言していました。そらそうですね。今さら協力してくれというのは虫が良すぎます。
この問題の本質はWinnyもマトモに扱えないパソコン音痴が中途半端な知識だけでリスク管理もせずにファイル交換ソフトというコアな空間に丸腰で飛び込んだことにあります。しかもデスクトップのファイルが公開されるウィルスで重要な情報が漏れるということは、そのユーザー達は重要なファイルをデスクトップに放置した上、Winnyを使っているということになります。それで何も起きない方が不思議ですねぇ。これら一連の事件は全て人災であると言い切れるでしょう。
今週は妙に高いユーロを売り狙いで攻めてますが、141.26のユーロ円に続いて1.1990でユーロドル売りポジションが成立しました。ユーロ円もユーロドルもさらに上昇しましたが、現在は「ちょっと上」というところまで調整されています。どちらもファンダメンタルを考えても高すぎると思いますのでまだ下落があると見ています。ただ、少々気になるのはどちらも一目上では雲の中に突入してしまってる点です。ユーロ円は雲を上抜けて逆に141.25近辺にある先行スパンが、ユーロドルは1.1990が、それぞれ支持帯として機能してしまうと下げ渋り、逆に上値トライとなる危険性があります。ECBが利上げを示唆していることはすでに織り込まれていますから、特にサプライズの無い限りはジリジリと売られていくでしょう。当面は今日のロンドン/NYが注目というところでしょうか。戦略としては、ユーロの動向に注目で利食いタイミングを逃さないことに集中します。

台湾は中国の島ですネ

昨日日本橋にある上海新天地という中国スーパーに行ってきました。ちょっとお菓子を買おうと思って行ったんですが、何を買ったらいいかよく分からないので結構長い時間ウロウロとしてたら店員が声を掛けてきました。いつも通り完全に中国人に間違われるので中国語です。日本人であることを告げると日本語で応対してくれました。店員が勧めてくれたお菓子の一つが台湾的何とかカンとか書いてあったので店員に「これは台湾のお菓子?」と聞くと店員はムキになって「台湾は国じゃないでしょ、中国の島ですネ。日本の沖縄みたいなものでしょ」と言い出しました。別にそういう意味で言った訳でもないのにあの過剰反応に大いなる違和感を感じたのは言うまでもありません。プロパガンダというのは恐ろしいものです。
さて、早朝から外為市場はサプライズです。いよいよ来ましたね。キーウィ、NZドルのバブル崩壊です。昨今の金利差相場とオージーの堅調に支えられてあれよあれよという間に一時は80円台に乗せるなど、イケイケのキーウィでしたが先日の中央銀行から発せられた警告に始まってネガティヴな指標が続き、本日の1月小売売上高が横ばいとなったことで景気減速の懸念がますます現実味を帯びてきたせいで本日も急落です。76円台を下方ブレイクした後も一気に値を下げて一時74円台まで示現しました。さすがに現在では調整も入って75円ローでの推移となっています。ファンダメンタルが明らかに弱気に傾いてるだけにいくら高金利通貨と言えどもヤバい地合は変わりありません。ここは大相場の予感ですので75円台からの売りで攻める価値大いにアリです。
nz.gif

今週は積極的に売りで行く、と言っておきながらまだ具体的なオーダー成立には至っていません。キーウィも売り待機でいってみましょう。但しスワップが大きいのであまり大きなポジションは取れませんが。現在の水準からロンドン/NYでどこまで戻りがあるか?そこを考えてみましょう。
一目の転換線が76.90にある意外はこれと言って節目が見当たらず、ちょっと高すぎる気もしますので76円ミドルから。利食い目標は75円ミドルですが、下落に勢いがあるようなら74円アッパーまで待ってみます。

<戦略>
NZD/JPY 売り 76.55 → 75.55

悔しくて泣きそうでした

WBC本戦のアメリカ戦が早朝にありましたね。すっかり忘れてたんですが朝にTVをつけたら9回裏に満塁まで攻め込まれてピッチャーは何と藤川球児ではありませんか。会社に行く時間もすっ飛んでTVにかぶりついた途端にサヨナラ負け。トホホ。普段見ている(?)阪神が負けた時とは全く違うこの悔しさは一体何なんでしょう。泣きそうなくらい悔しかったです。サッカーのW杯は国家間の戦争だ、と言う意見があります。あくまでも平和的なスポーツですが国の威信をかけた戦争だからこそお祭りは盛り上がるわけです。このWBCにはそういう可能性を見せてくれた意味でも成功と言えるでしょう。
先週は5年続いた日本の量的緩和政策という極めて珍しい金融政策が遂に終焉を迎えました。これでいよいよゼロ金利政策も終わりか、と思いきやゼロ金利解除のメドは全くつかない声明となり、市場はかえって円売りで反応しました。ドル円は119円突破、ユーロ円は142円に迫る勢いです。いくら何でも売られすぎ。120.15で買ったドル円のダメダメポジションは118.90に置いていた損切りオーダーがヒットしました。2ヶ月近くもスワップが蓄積された結果、1600円くらいのマイナスで済みました。これで安心してドル売り出来ます。オージー円のダメポジションは相変わらずですがオージーは対円で実に底堅いので特に危機感を感じていません。
先週の金曜NY時間にユーロ円で売りを仕込みました。141.26に布陣していた雲の上限で逆張りスタンスだったんですが、予想以上に円が売られたせいで現在142円を超えています。いくらなんでも異常な数値なのでこれは調整されて140円ミドルに落ち着くと見ていますので当面は継続保有。
ユーロが対ドル、対円でここまで強いはずが無いと見ていますのでユーロドルは1.1990での戻り売りスタンスを継続で今週も待機で、ユーロ円はさらに上昇があるなら143円ミドルでナンピン売り、といきたいとろこですがもうちょっと現実的にボリンジャーバンド上限の143.08くらいが適当でしょうか。今週は積極的に円買いでいきます。

<戦略>
EUR/USD 売り 1.1990
EUR/JPY 売り 143.08

<決済>
USD/JPY 買い 120.15 → 118.90 -1638円

外国為替知識:通貨ペア

外国為替市場はお金でお金を買うという市場です。日本円でUSドルを買う場合は円とドルの通貨ペア取引ということになります。ドルは言わずと知れた世界の基軸通貨ですからドルを自国通貨としていない国同士の貿易にもドルは使用されます。三大メジャー通貨というのはドル、ユーロ、円ですからこれらの国々では自国通貨を使うことが多いですが、それ以外の国同士となると大半がドルを使用しています。そのため世界中の通貨とドルを取引する通貨ペアが多く取引されることになります。これをストレートペアと言います。ドル円、ユーロドルなどはストレートペアです。他にもオージードルやポンドドル、ドルスイスなどたくさんあります。基本的に通貨ペアを表記する際には後に来る通貨で前に来る通貨を買う、という取引になりますのでドル円の場合は円でドルを買うということになります。逆にドル円の売りという場合はドルを売って円を買うという取引です。
ストレートペアに対してクロスペアというのがあります。ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロポンド、ポンドスイス…要するにドルが関係しない通貨ペアのことです。ユーロ円の場合はもうお分かりかと思いますが円を売ってユーロを買うことになります。ですが実はこの場合、外為市場ではまず円を売ってドルを買い、そのドルでユーロを買うというオペレーションを行っています。コンピューターが瞬時に行ってるので全く意識することはありませんが。その為、関係する通貨ペアの水準は自ずとその取引が正常に行えるような値動きになります。そうでないと取引の途中でロスが出ますからね。
例えば2006年3月9日の12:30現在でのユーロ円の取引を見てみましょう。
ドル円:117.67
ユーロドル:1.1928
円でユーロを買うとなるとドルを買ってそのドルでユーロを買うことになるので、数式はこうなります。
ドル円 × ユーロドル = ユーロ円
117.67 × 1.1928 = 140.368543
ではその時間のユーロ円相場を見てみましょう。
ユーロ円:140.39
だいたい同じ数値になってますね。相場が正常に機能している時は自ずと価格が調整されて適切な水準になります。まさにアダムスミスのインヴィジブルハンドです。逆に言うと相場の大きな変動があってこの水準からかけ離れてしまっている時は必ずこの水準に戻るので取引チャンスとも言えます。
日々の書き込みで「クロス円」と呼んでいるのはもうお分かりかと思いますが、ドル円以外の通貨と円とのペアを指します。基本的にはそれぞれの国の事情よりも円の事情によって一斉に上げたり下げたりするのが特徴です。ドル円とクロス円はその辺りでもお互いに影響を与える関係にあり、ドル円上昇→円売り→クロス円も上昇という形やその逆はよく見受けられます。通貨ペアと呼ぶ以上、それぞれの国の事情が一番関係しますが、それ以外にもストレートペアでどうなのか、とまで総合的に相場分析をする必要があるわけです。

日銀総裁の発言は要注目!

最近は外為についての記事が少ないというご指摘を頂きました。毎日相場はちゃんと眺めてるんですが、どうにも面白い相場があまりなくてついつい億劫になっております。面白くない、というより不得手な相場が多い、ということでしょうか。そもそもスワップのこともあるので円ベア派の私ですが、最近は量的緩和のニュースが一人歩きして円ブルの話が実に多いです。キーウィだけは自国の事情でじわじわと円買いが進んでますが、他の通貨はそのニュースとは裏腹に円売りです。いやぁ難しい。
一昨日のユーロ急落の調整が入ってユーロドルが1.19台を回復しています。ハッキリ言って今後上なのか下なのか掴みづらい相場が続いていますので狭いレンジでサクッとデイトレードを決めたいと思います。ユーロドルは現在雲の下に位置しており、先行スパンが1.1990に布陣しています。ここは雲の下限であるのと同時に1.20というサイコロジカルを意識するため強い抵抗帯になると見られます。仕掛けによる上ヒゲ期待で1.1990で売り待機。利食いポイントは現水準の1.1930台。
本日は経済指標の発表が目白押しで、チャート分析だけでなくニュースも注目です。正午あたりには日銀の金融政策決定会合、18時には日銀総裁の記者会見があります。昨今からニュースを騒がせている量的緩和が解除されれば円買い、そうでなければ円売りです。21時には英国中央銀行の政策金利発表。4.50%の据え置き予想で、市場は織り込み済みです。サプライズがあるとすれば金利下げ。その時には強烈なポンド売りが起こるでしょう。22時半には米国の1月貿易収支。相変わらず巨額の赤字が予想されており、予想を上回る赤字が出るようなことになるとドル売り。ユーロドルとドル円で大きなヒゲが出ることに期待。

<戦略>
EUR/USD 売り 1.1990 → 1.1935

(量的緩和解除が発表されれば)
USD/JPY 売り 117.70
EUR/USD 買い 1.1935

お兄ちゃんお帰り♪

先週は車屋仕事で東京に行く機会があったので、空いた時間に聖地・秋葉原を探索してきました。本業絡みのパソコンパーツ屋は大阪日本橋とそう大差もありませんし、軒を連ねてる店も同じ店が目立ちますから特に目新しいものはありませんでした。今回のテーマは電気街のもう一つの顔、「萌え」です。メイド喫茶に代表される萌え系の店を回ってやろうと思い意気揚々とアキバ入りしました。秋葉原駅の電気街口を出るといきなりメイドがビラ配りをしていたり、「メイド店無料案内所」まであり期待は膨らみます。一番行ってみたかった@HomeCafeに行ってみましたがババ混み。7階建てのビルの7階に店はあるんですが非常階段に伸びた入店待ち行列が1階付近までつながってました。恐るべし。仕方ないので他の店、と思いましたが改装中だったりイマイチっぽい店だったりで触手が伸びる店がありません。そんな中、NAGOMIという”妹カフェ”を発見。妹系という言葉もあるので何となく想像はつきますが、よっしゃこれ行ったろかということで潜入。
店に入るとメイド喫茶は「お帰りなさいませご主人様」ですが、ここはウェイトレスが妹ですから「お兄ちゃんお帰り!」となります。続いて「お兄ちゃんは煙草吸う?吸わない?」…妹なので当然なんでしょうけどこのタメグチ攻撃にまず面食らいます。煙草は吸わないことを告げると禁煙席へ。妹の先制パンチに軽いダメージを食らいつつ抹茶ケーキセットを注文。注文をし終えると「じゃ、待っててねお兄ちゃん♪」…うーんやっぱり違和感あるなぁ。紅茶も抹茶ケーキも至って普通です。喫茶店なのでそらそうです。ようやく慣れてきて店内を見渡すといるわいるわ萌えオタク。妹たちの制服は結構可愛いのでオタク連中の熱い視線が注がれます。
ちょうどその時に知人からメールが入り、今秋葉原の妹カフェに居る、と送信するとそれに対してちょっと面白い返事が帰って来たので携帯を見る顔がおそらくちょっと笑ってたんでしょう、すかさず妹に「どうしたのお兄ちゃん?面白いメール?」とまたもやパンチを食らいました。油断禁物です。
さてティータイムが終わるといよいよ勘定です。一体どんな攻撃が待ってるのかと思いかなり恥ずかしい気分になりながら勘定を告げました。何とケーキセットは妹とゲームをすることになってて勝つと200円引きと言うではありませんか。一人で入店したテンションで妹とゲーム!今度はオタク連中の熱い視線が私に注がれます。あまりの恥ずかしさに赤面しそうになりながらトランプゲームにチャレンジ。そこまで恥ずかしい思いをしといてゲームは妹の勝ち…通常料金900円を支払いました。見送りのセリフも決まってます。「また来てね、お兄ちゃん♪」
私が居た時は「まひろ」と「アキラ」という妹が居ましたが、どうやら妹カフェは妹の名前に”タン”を付けて呼ぶのが流儀のようです。妹同士もそうですし、客も妹のことを「まひろタン」「アキラタン」と呼んでました。サムゲタンと長吉六反しか知らない私にはこれも衝撃でした。
メイドカフェを極めた私でしたがまさかこんな空間があるとは。

虎党にとって重大な一日

本日3月1日は全国の阪神ファンにとって特別な日です。聖地・甲子園球場で開催される阪神戦チケットの大半が本日一斉に発売されます。今年も戦力充実で好成績が予想されるだけにプラチナチケットは必至です。私も当然ながらチケット争奪戦に参戦し、午前10時からつい13時くらいまでチケットぴあのサイトに釘付けでした。何とか4試合分確保することが出来ましたが、休日のライト外野席という一番のプラチナチケットはGET出来ませんでした。ネットオークションを見ると、あるわあるわ取りたてホヤホヤのプラチナチケット。この人らは阪神ファンでも何でもなくて単に金儲けのために転売目的でチケットを取ってすぐに売りに出してるわけです。こんなもんダフ屋やんけ!
日本の要人発言によって量的緩和解除がいよいよ現実味を帯びてきたことでドル円は急落、クロス円も一斉に下げて円全面高になったのは記憶に新しいところです。ですが冷静になって考えてみると日本のゼロ金利が終わると言う観測が流れているだけで実際には日米金利差は何も変わっていません。そのことから利益確定の買い戻しも含めて再びレンジに戻る動きを見せました。それでも上値は重く、やすやすと円を売っていけないという状況になったのは間違いありません。ファンダメンタルで大きな節目と言えば今週はユーロ圏の政策金利です。0.25%の上昇が予想されており、市場でもすっかり織り込まれています。対円よりも対ドルで金利差がもろに縮小するのでユーロドルはユーロ買いという展開になっています。ですがこれは一時的なものでまた1.19を割り込むと私は見ています。1.1979にある先行スパン(雲の下限)にタッチする局面があれば売りから。
ドル円は116円を回復したもののまたもや割り込んでいます。現在は115円ミドル。ちょうどチャート的には雲の真っ只中におり、下限がサポートとして機能すると見ました。115.22にスプレッドの4ポイントを加算して115.26で買い。但し116円を明確に超えられないようならすぐに利食い。


<戦略>
EUR/USD 売り 1.1975
USD/JPY 買い 115.26

お祭りの間にえらいことになってます

トリノ五輪はたくさんの感動を残して終幕しました。冬季五輪好きの私としては今回も大いに楽しい大会でした。日本は荒川選手の金メダルという歴史的快挙があったもののメダルまであと一歩という結果が多く関係選手方々はさぞや悔しかったと思います。今回もそうですが、毎回五輪となるとやれメダルメダルと物欲しい子供のように連呼する風潮は一体何なんでしょう。そんなにメダルが欲しいならアンタが取りに行ったら、とまで思います。そんなプレッシャーを掛け続けるせいで当の選手までもが不本意な結果に終わったら謝る人まで居る始末です。本人が努力した結果オリンピック出場できてその結果がメダルならもっと嬉しいでしょうし、そうでなくてもいい思い出になったはず。それを他人がどうのこうのと言うのは思い上がりも甚だしいです。努力が足りなかった、慢心していた、調整の失敗…そんな言葉を投げつける人々は果たして自分の本業に満足いく結果を残せてるのでしょうか?メダルを獲得して国威発揚、という後進国じゃあるまいしもっとフランクにスポーツを楽しんだらどうなんでしょうかね?
さて世界が五輪に沸いていた中、日本の要人から重大な発言が連発していました。日本は景気回復を支援するために資金が市中を流れやすいように量的緩和政策というゼロ金利政策を維持してきました。今回の発言曰くこの状況は異常な状態で、今後は自然な状態に戻す、とのことです。つまり長らく続いたゼロ金利政策の終焉です。以前から噂はあったのですがいよいよ量的緩和の解除が現実味を帯びてくると市場は世界一斉円買いで反応しました。ドル円はあっさり117円をブレイクし、ユーロ円は137円台、オセアニアも大幅に下げています。昨今の円安が異常事態とも言えたので為替市場も自然な姿に戻ろうとしているようです。テクニカル的な分析がどこまで通用するのか正直自信がないので、現在の下落が一巡したら戻り売りというスタンスでいきたいと思います。
ではその戻り売りのレベルはどこか?各通貨で見てみましょう。
ドル円はいよいよ雲に突入しています。雲の上限が117.39ですので戻りがあるとすればここからの売りで。
ユーロ円は雲を下抜いてどこまで行くのか予想がつきませんが、200日移動平均が137.43に布陣しており、節目になるとすればこのあたりでしょう。それも自信度が低いので様子見スタンスで。
ポンド円は雲はおろかボリンジャーバンドの下限も下抜いてるのでどこまで下げるのか予想がつきません。200円を割ったら買い場を探します。
オセアニアはオージーとキーウィで反応が違うので注意が必要です。オージー円は現在85円アッパーですがある程度の戻りはあると見ています。86円ミドルまで回復して雲の中に戻れば次のレジスタンスは87.91です。
一方、キーウィは下げそうです。NZ円は76円ミドルまで下落を続け、さらに下値を伺っています。成り行きで売りから攻めるのも一興です。
クロス円はもちろん、キーウィも要人発言に端緒を発した下落が続いていますのでテクニカル分析による相場観よりもニュース重視で攻めた方が当面は得策と言えそうです。そうなるとどう見ても円買い、キーウィ売りというのが答えになるのですが…。

<戦略>
NZD/JPY 売り 成り行き

3:33 ケンシロウの戦い

先週に整理券を取りに行っている間にレッカー移動という憂き目に遭い、今日がいよいよそのオープン初日です。午後3:33スタートという訳の分からん時間にスタートする店で整理券を取った北斗を打ちに行きたいと思います。レッカー移動のマイナスが3万円、会社を早引けするロスが約3000円。このマイナスをカバーしてさらに儲けることが出来るか?全ては今日の夜には大勢が決します。ドキドキ…
そんなジェットコースターのようなギャンブルに飛び込もうとしている日ではありますが、外為相場は実に静か。というのも今日はアメリカが休日でNY市場が動きません。そのせいで大きな動きとなりづらいというのが東京市場にも波及して、動意が薄いオープンとなりました。
先週に出したユーロドル1.1915の売り注文がヒット。但しその後もユーロは上昇して現在1.1940を超えています。日本株が100円近く下げているにも関わらず円がそんなに売られていませんからドルそのものが軟調なようです。転換線上抜けで先行スパン(雲の上限)が1.2030ラインに差し掛かっているのが少々嫌な予感ですが、ユーロ自体のファンダメンタルが弱いので最大その水準まで上げた後は1.18台への下落になると見て、現在の売りポジションは継続保有です。
オセアニアは堅調です。オージー円が87円台で安定推移しており現在87.30超え。クロス円が上昇すると見られている今週の流れをそのまま踏襲しているようです。
現在ポジションを4つ持っており、新規にポジションを建てるのを躊躇することから、本日は様子見でいきます。今日はトリシエが議会証言をするそうなので、ユーロに何か外的要因が加わるとしたらこれくらいでしょうね。

レッカー移動にもめげず

先日車がレッカー移動されるという憂き目に遭ってしまいました。千日前通のアムザからちょっと日本橋寄りの路上。ミナミをご存知の方ならすぐに想像つくと思います。駐車時間は17分。車を停める前から待ち構えてて停めた瞬間に線を引いて15分経つのを待って持って行ったとしか思えません。重点日だったのか何なのか知りませんが、交通安全のための取り締まりというよりは違反を作るための取り締まりとしか思えず、全く納得はいきませんがどうしようもありません。約3万円のロスです。3万円を外為マーケットで稼ぐのにどれだけ労力が要るのかと考えるとますます頭に来ます。しかもその駐車した用事というのが来週の月曜に新規オープンするパチンコ屋新店の初日入場整理券を取りに行くというものでしたから、何とも情けない構図です。これでパチンコも負けたら被害拡大ですが、ここは男らしく取り返して、返す刀で勝利してやろうではありませんか。
さて外為は落ち着いてクールに戦略を考えます。バーナンキ氏の議会証言という大きなイベントも終えて、今週目立った円絡みの強い指標、ニュージーランドの弱気発言などもこなして市場は再び日米金利差を背景にしたドル買い基調に戻った感があります。ファンダメンタル面でのニュースが多かった週でしたが、値動きはテクニカル的にも無理のない動きをしており、波の少ない平和な週だったと言えそうです。
その中で目を引くのは欧州通貨の弱さと何と言ってもキーウィの下落です。先月日本の投資家向けに異例とも言える警告を発した後、いよいよニュージーランドの景況感が冷え始めてきたことを示唆する数値が相次いで発表されてキーウィの利上げストップ→利下げ観測が広がったことでキーウィは対円でも大きく水準を切り下げました。金利差は圧倒的にNZの方が高い中でこの下落がどこまで行くのか、注目点です。いつも同じように動くオージーと今回ばかりは別行動です。
ドル買いを背景にしたユーロ売りと英国の弱い指標によるポンド売りも一巡して対ドル、対円で値を戻しつつあります。この戻りを絶好の売り場として捉えていますのでユーロドルの売りで攻めたいと思います。今朝方に1.1915で売りオーダーを入れたんですが、1.1912まで戻って反落。あー惜しい!再度のタッチ、Wトップに期待です。テクニカル的にも先行スパン2の通る雲の下限が相当重いことが予想されますので自信度高し。
オージー円は87.15に買いポジションを持っているので決済のタイミングを図りつつ2月14日の下ヒゲである86.35あたりへの下落があれば買います。さらに下がるようであれば買い下がりで。

<戦略>
EUR/USD 売り 1.1915 → 1.1860
AUD/JPY 買い 86.40

村上ファンドに地検との噂が…?

14時に発表された日本の機械受注が予想を上回る強い数値となり、市場は素直に反応して円が買われています。本日はアメリカの貿易収支が控えているので東京時間では一切動意な無いものと思われてただけに私も少々以外でした。慌てて117円ミドルに買い注文を入れました。
それともう一つ気になる情報が。先ほど村上ファンドに東京地検が入ったとの噂が流れました。ちょうど機械受注が発表されたのと同じくらいの時間帯です。真偽のほどは不明ですが時期が時期だけに妙に真実味を帯びており、まことしやかに噂が流れているようです。
さて、昨日でなく火曜日に出したユーロドルのオーダーがヒットしました。火曜日の段階での相場観に基づく売り注文なので偶然に近い内容ですが、ともあれ1.2005で売ったユーロを1.1971で買い戻しに成功。+3240円
昨日出したユーロドルのオーダーは貿易収支を前にしたこの動意に少々ビビりましたので引っ込めました。

<戦略>
USD/JPY 買い 117.58

2006.02.09 NY

ドル円は118円が底堅く、結局レンジブレイクとはならずに118円ミドルでの取引が続いています。明日の23時半に出るアメリカ貿易収支にサプライズが無い限りは金利差相場ということで118-119のレンジ相場が続くものと思われます。
ポンド円、ユーロ円は方向感が掴みづらく、様子見継続です。今日の注目はオージー円とユーロドルです。
オージー円はチャート的に買いやすい局面に突入しています。87円を破ることなくサポートとして21日、89日移動平均がサポートとして機能したのか87円ローをサポートとしてやや上昇した状態です。この局面において本日のローソク足は同事線示現、しかも一目均衡表では先行スパン1が見事にサポートとして機能し、ちょうど雲の幅のレンジとなりました。87-88のレンジが当面続くでしょう。というわけで87円ローからの買い参戦。利食いはもちろん88円目前のライン。
ユーロドルは1.19ミドル-1.20ミドルのレンジが継続しています。1.20-1.21のレンジが若干下向きに移動してきたイメージです。チャート的には強気を示唆しており昨日も雲の上限が見事サポートとして機能しました。1.1931が当面のレンジ下限ということになります。現在は89日移動平均線にタッチしながら膠着状態です。89日移動平均を下にブレイクすると次は先行スパン1が、そして1.19にはボリンジャーバンドの下限があります。これらの状況からみて1.19ローは底堅いと思われます。1.1930近辺からの押し目買いで参戦。

<戦略>
AUD/JPY 買い 87.15 → 87.91
EUR/USD 買い 1.1930 → 1.1990

2006.02.08 TOKYO

昨日から始まった円買いの流れは強烈でしたね。ドル円もクロス円も一斉に急落してどこで止まるのかと思わせる展開でした。ユーロ円の売り注文はヒットしませんでしたが、ヒットしてれば相当な利益でした。こんなもんです。
ドル円の節目と言われていた118円は一時117.54まで落ちたもののすぐに回復してこのラインが節目であることを市場参加者が強く意識しているのが分かります。118円には先行スパン2が通り、雲の上限です。一時的とは言え雲に突入したことはインパクトがあり、今日も陰線で雲の下限(先行スパン1)で下げ止まり、というシナリオでしょうか。118.15あたりからの戻り売りで。
ユーロドルも急落続きで一気に雲を目指しています。オシレータもまだ底値を示しておらずさらなる下落拡大と見ています。先行スパン1と2が交差する位置が1.19ジャストにあり、このラインは強く意識されるのは間違いありません。これも1.20近辺での戻り売りで。
ポンド円が3連続の強い陰線でどこまで下がるのか見ものです。昨日の段階で雲に突入、下ヒゲが先行スパン1で止まったという状況です。本日は先行スパン1が205.10に差し掛かりますのでそのラインを攻略しに来るのは明白でこのトライに成功したら201円を目指しに…そうなれば絶好の買い場到来です。今しばらく下落を待ちましょう。短期狙いなら現在の水準から成り行き売りで205.10を狙ってもいいと思います。
オセアニアは原油・金の下落が影響してファンダメンタル主導で下落が続いています。テクニカル的に攻めても痛い目に遭いそうなので今日は様子見。

<戦略>
USD/JPY 売り 118.15
EUR/USD 売り 1.2005 → 1.2060 STOP 1.2050

短期限定
GBP/JPY 売り 成り行き205.80 → 205.10
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ