2005年01月

2005.1.28 ロンドンスタート

朝に出したドル円のオーダーは103.25でショートポジション成立。早朝の人民元ショックで急落した戻しなので早朝のレベルまで落ちることは無いにしても102円ミドルまでは落ちるかと思ったが、意外に103円のサイコロジカルが固く、103円を割れそうで割れない。あまりこれを続けてるとサポートになってしまう。しかも人民元ショックで下げただけなので下手すると今晩のGDP発表でサプライズ上昇…となると目も当てられないのでここは夕方に指値を外して103.07で決済。手数料を引いてちょうど+1000円。これぞヘタレ取引の真骨頂ということでOKでしょ。これが押し目で上昇相場になったとしたら絶妙の一抜けになるわけやし。
今日は金曜なので新たなオーダーはせず、夜のGDPを拝見するとする。一応出しっ放しのオージー円の注文はそのままにしておく。どうせ成立しない。

現在の収支:+10410円

2005.1.28 東京スタート

ここ数日続いてたオセアニア地域の好調な経済指標が影響してオージー、NZともに堅調。
オージー円は80円突破、NZ円も何度か74円をトライ。さすがに74円台は利食いに押されて3度のトライはどれもタッチするだけ。このままでレジスタンスとして機能してしまうのでマズいと判断して74.25で待機してた決済注文を74.01に修正。その時点で高値が74.04、もう一度74円トライを演じてもそれくらいが限界かと考えた。
会社で出したオーダーは東京時間、PCから離れてた時にヒット。+7030円。一時は70円ローまで行ったNZ円、よくぞここまで我慢したと自分を褒めたくなる取引になった。スポット自体は差損だが、ここはNZの豊富なスワップに救われた。
残るダメポジションはユーロドルとポンド円。ポンド円はここ最近回復基調で194円台を堅調にキープしている。この調子でなだらかな上昇波に乗ってスワップを蓄積すれば何とかプラス決済は可能と見た。ここは引き続き我慢。
問題はユーロドル。1.3360という数字は重い。しかもユーロドルの買いはスワップ支払いなので為替が動かない限りは永遠にプラスには転じないことを考えるとブルー。
ユーロドルについては世界でも最も取引の多い通貨ペアでもあるし、2月のビッグイベントで何らかの値動きがあるやろうからそれでうまく売り抜け出来ればそれも良し。ここは我慢。
さて身軽になったところで新規ポジションの検討。
市場の趨勢であるドル円の売りは本日早朝のダボス会議ショックからの戻り売りが妥当とみた。現在103円台を戻しており、103.65に控えるレジスタンス割れをストップとして103.30で売り注文。

現在の収支 +9410円

2005.1.25 東京時間

連日の動意薄。来週に色々とイベントが控えてるせいもあって積極的な仕掛けもなく狭い幅でのレンジ取引。
ポンドはともかくNZは比較的あとちょっと、の位置で膠着してるので順調にスワップが隙間を埋めてる状況。
新規アクションとしてはオージー円が時々79円を下値トライするので余裕を持って78円ミドルで待機。この待機のターゲットは79円40銭あたり。
それ以外には新規アクションの妙味もなくせいぜいがドル円の103円ローからの戻り売り程度。ドル円の戻り売りは前に苦い経験があるのでアクションは起こさず静観。

2005.1.21 ロンドンスタート

クロス円大逆襲!
クロス円が東京時間から一斉に高い。行き過ぎた円高の調整もあるやろうけどNZや英ポンドのように経済好調に伴う金利先高感が大きくしっかりとファンダメンタルで買われている模様。ポンドは190円、NZは70.50あたりで底を打って反転したと見る向きが大勢なのでこれからも買われると思う。
これで今のポジションも含み損大幅縮小中。このまま一気にNZは74円トライを演じるか?!
この勢いでオセアニア通過を買う意欲が更に湧いて来たのでテクニカル的な買い場を逃さないように注意。
取りあえず今日のオージー円78円の押し目は成立せず。つまり押し目無し。

2005.1.20 東京スタート

それにしても値動きが荒い。大きな材料が無いということでテクニカル主導と言われてるけどもテクニカルでも予測不能な動きも多々あって、新規参戦はやりにくくてしゃあない。
ユーロとポンドの急上昇、個人的にはポジションを張ってるだけに歓迎するけどこんな値動きされたら今回の参戦でも傷ついてたと思う。
ユーロドルの頭が重いのが気に入らん。G7を控えてるし中国絡みの思惑が出るのも分かるけど、どうもなぁ。
今日辺りから本気で新規参戦を検討しているだけにチャートを睨んでみるもユーロ絡みは怖くてとても手が出せん。ユーロ円で133円のサポートから買い、ユーロドルで1.3割れまで様子をみて今あるユーロドル買いのナンピンを入れるか。どっちもいい作戦とは言えんな~。やっぱりユーロ絡みはボツ。
そうなるとポンド円の190円戻しとオージー円の77円割れが買い興味。このあたりの高金利通貨は買いからしか入りたくないのでこれくらいが精一杯。
このラインでストキャスティクスを睨みつつ様子見しながら買い注文を入れてみる。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ