2005年09月

嵐が去って、今週は?

先週末の人民元ショック、そしてハリケーン「リタ」、2つの「嵐」が去りました。
嵐の通り過ぎた後にはパニック的円高とユーロの投売りが残りました。
その巻き戻しを期待しつつ、今週は攻めてみたいと思います。

<現段階での保有ポジション>
GBP/JPY 買い 200.40 / 199.45
NZD/JPY 買い 77.45

NZ円はひょんなキッカケで買ったものなのでしばらくはスワップ稼ぎ専用ポジションとして売りは控えたいと思います。ポンド円は今週の巻き戻し狙いで199.45のポジションは決済できそうです。200.40は…ちょっと微妙ですね。
というのも、下のチャートを見てください。
gbp.gif

これはポンド円の60分足です。そこにフィポナッチとストキャスティクスを表示しています。高値202円から199円までの間に出来た38%戻しのレジスタンスラインが明確に機能しているのが分かります。今週のポンド円、当面は200.15が高値の上限と見ています。ストキャスティクスを見るとデッドクロスを描きそうな勢いで急伸しています。売りポジションはやりたくありませんが、今週中の勝負に限定して200.15ラインで売ってみようかとも考えています。

さて、次に面白いのがユーロドルです。
eurusd.gif

1.2150をサポートラインに、しばらく攻防が続きましたが人民元ショックやら何やらかんやらの影響を受けて一気に値を崩しました。週末は1.2050ラインまで値を下げてNYは取引終了。今週はこの巻き戻しに期待してこのラインからの買いで入ってみようと思っています。ストキャスティクスを見ても明らかに売られ過ぎを示しています。

<今週スタートの戦略>
GBP/JPY 200.15で199.45のポジション決済
GBP/JPY 200.30まで値が振れたら売り参戦→199ミドルが目標

EUR/JPY 1.20ローで買い

さぁ今週も頑張りましょう!

13歳、公園で腹刺される 68歳の男を逮捕 大阪

23日午後5時ごろ、大阪市西成区萩之茶屋3丁目の東萩町公園(通称三角公園)で、男の人が刺されたと119番通報があった。同区の中学1年の男子生徒(13)が左下腹部を包丁で1カ所刺されており、病院に運ばれたが、1週間の軽傷。現場にいた男が「自分がやった」と供述。西成署は24日未明、殺人未遂容疑で逮捕した。
調べでは、男は無職寺道光喜容疑者(68)。男子生徒は知り合いの成人男性2人とキャッチボールをして遊んでいた。寺道容疑者は「砂ぼこりが立つため、やめるように数回求めたが、やめなかったので刺した」と供述しているという。凶器の文化包丁(刃渡り約15センチ)は近くにとめてあった他人の自転車の前かごに入っていたものを使ったという。
寺道容疑者は同区萩之茶屋2丁目の簡易宿泊所で生活し、たまに土木作業員をしているという。同署は事件当時は酒を飲んでいたとみている。

西成では一般社会の常識が通用しません。この事件ではそんな「西成コモンセンス」が随所に見られます。

①公園なのにキャッチボールをしたらやめろと言われる。
公園は本来この中学生がやってたようにキャッチボールをするためのスペースです。でもこの三角公園は住宅地の様相を呈しており、住人の利便が優先されるわけです。しかも、単なる注意では留まらず刺されてしまうわけです。
②他人の自転車の前かごに文化包丁がある。
普通自転車の前かごに包丁は入ってませんよね。これは単に生活のために必要なものが自転車の前かごに入ってたんでしょうけど、即座にこれを凶器として使ったということは自転車の前かごに包丁があることが珍しくない、という西成的思考が見て取れます。
③この中学生は知り合いの成人男性2人とキャッチボールをしてた。
この「成人男性」も刺した容疑者もいわゆるアンコです。この中学生は地元の子ですから、こんな連中が公園に居ることに全く違和感を感じていません。むしろ一緒にキャッチボールをして遊んでるわけです。普通、公園に浮浪者が居てたら嫌悪感を持って関わり合いを避けるはずなんですが、西成は違います。
④事件当時、容疑者は酒を飲んでいた。
この事件が起きたのは午後5時。この時点で人を刺すくらい泥酔していたということはもっと早い時間から飲んでたわけです。普通の社会人はこの時間はまだ飲めるはずありませんし、公園に酔っ払いが居ることも異常です。

この事件は西成の西成らしさが如何なく発揮されました。幸いこの中学生は軽傷で済んだようですが、こんなアンコは厳罰に処して欲しいもんです。

2005.09.23 NY

日本時間18時ジャストに中国人民銀行が重大声明を発表しました。
人民元の為替レートの変動幅を拡大する、というのです。
つい最近対ドルで切り上げを行ったばかりですが、今回は対ドル以外の通貨に対してです。
為替市場は一時的に大混乱に陥りました、対ドルではないということで反応は一時的なものとなり、現在では発表前の水準に値を戻しつつあります。

さて、私のオーダーはポンド円が200.43の買いヒット。
人民元ショックもあって先週のレンジを維持できそうにないので即座に199.40にナンピンを入れました。まだ下げ止まる気配がないのでさらにもう一発ナンピンを入れるつもりです。
それと値動きとは別の事情でNZ円を77.45で買いました。

現在は人民元ショックから立ち直りつつあるものの、ハリケーン「リタ」の脅威が下がったということでドルが、人民元ショックで円が買われておりユーロが見る見る値を下げています。
ユーロドルは1.20アッパーです。この水準なら短期決戦での買いはアリだと思います。
ユーロがらみではユーロ円も135円を先ほど割り込みました。
134.59あたりにサポートがあるので、買いを入れるならその水準でしょうか。

いずれにしても、連休中というのにやってくれます。

ダイエー創業 中内氏死去

ダイエー創業者で日本のスーパーマーケットの礎を築いた中内功(なかうち・いさお)氏が十九日午前九時三十分、脳梗塞(こうそく)のため神戸市内の病院で死去した。八十三歳。神戸市出身。近親者で密葬を行う。中内氏は八月二十六日に倒れ、入院中だった。<<以下略>>

私の尊敬する人がまた一人亡くなりました。フィリピンで敗残兵となって飢餓という地獄を味わった氏は、日本に帰って食べ物が広く庶民に行き渡るような商売をしたい、と千林に主婦の店を創業しました。ダイエーの社訓であるFor the custmersの言葉通り、とにかく食べ物を安く一般消費者に届けるための流通革命を起こします。大量一括仕入れ、PB商品、店舗拡大による価格還元…どれもダイエーが生み出したビジネスモデルです。流通業の売り上げNo.1の座を射止めた中内王国はプロ野球球団の買収、そして福岡の地方経済の活性化という大きなテーマに挑みます。結果としてはビジネスモデル転換の機会を逸して斜陽の時を迎え、ついにはカネボウとともに産業再生機構のシンボルとなってしまいました。
晩年、氏は「時代は変わった」と述べました。この言葉に全てが語られてます。市場は同一商品の大量消費から多様な価値観に変化し、氏の思い入れが一番強い「庶民」はもはや居ないのかも知れません。
氏はそういった思想を後進にも受け継ぐべく、晩年は教育事業に力を入れます。氏の設立した流通科学大学では実に実践的な経済システムや経営を学ぶことが出来ます。この大学から多数の中内シンパが輩出されたものです。
戦後の復興とともに日本経済を駆け抜けたダイエー、そして中内氏の挑戦は氏が居なくなった今でも感銘を受けた人々によって続けられるものと確信しています。
改めて尊敬する中内氏のご冥福をお祈りいたします。

2005.09.20 TOKYO

pound.gif 痛恨の一撃を二度も食らいました。左はポンド円の60分足チャートです。赤い丸をつけた部分、2回200円ミドルの下ヒゲをつけているのが見てとれます。私はこの下ヒゲを狙って200.55に買いオーダーを入れてたのですが、いずれも200.56と200.58で折り返し。その後IFDの決済オーダーラインである201円ローまで上昇してました。狙いは良かったのに二度までも儲け損ねた格好になります。今後ポンド円がこの200円ミドルと201円ローのレンジを続けるかというと疑問ですが(レンジブレイクの後は200円を割り込むと見てます)、この教訓を生かして再度チャレンジです。200.58円に買いオーダーを入れました。
 カトリーナ被害や日本の総選挙結果などでドル円が円高に振れたのも束の間、アメリカの利上げショックで111円が底堅くなっています。アメリカ経済のファンダメンタルズを見てもこの水準は高すぎるように思うので売りから入りたいのも山々ですが…何せ政策絡みの利上げが続いた結果売りスワップは117円です。そこまでくると手が出しにくいです。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ