2006年05月

いわゆる「投資話」

昨晩、日曜の夜にも関わらずちょっと面白い話を聞いてきました。私がやってる外国為替取引と同じことをやってるグループが居るそうで、彼らにお金を預けると高配当でお金を返してくれると言うのです。現在募集中のものが1ヶ月預けて30%、その次は3ヶ月預けて100%(つまり元金が倍!)と言いますから尋常ではありません。その出資を募るために全国行脚をしてるそうなんですが、外国為替をかれこれ2年近くやってる私としては株でもないのに100%を超える運用成績が出せるということが信じられません。毎日やれ2000円だ5000円だとチョロチョロと利益を取ってる投資生活をしてる訳ですからね。でもこれくらいのチョロ勝ちを続けていくのが一番儲け話としては現実味があるように思います。この話を説明してくれた人はキャバクラで50万円使った話や、フェラーリを9台所有してる人の話をしてくれましたが、これってネットワークビジネスの類を勧誘する時の話に似てるような気がします。この話が本当か?それとも詐欺か?試してみたい方はご連絡下さい。ご紹介しますよ。私ですか?私は儲け話という以前に自分で外国為替をやってるのに、その運用を人に任せる気にはなれませんし、初対面の人間に儲け話を持ってくるようなお人好しは居ないという格言もありますからね。
さて自分で運用しなければならない私の今日の戦略です。今日はロンドン、NYが祝日でお休みです。要するに東京しかマトモに稼動している市場は無いということです。先週の週末に米国議会の建物で発砲音がしたというニュースが流れたり、悪い経済指標が出たりで若干ドルが売り込まれています。今日の東京時間でも為替予約(注)に絡むドル売りがあるという噂があるので短期戦略として111円台からのドル買いでいきます。上昇圧力はそれほど無いですが、4/11の高値~5/17の安値でフィボナッチ・リトレースメント38.2%戻しが機能してる様子なのでそこまで。
他の通貨ペアを観察してるとポンド円がチャート的に攻めやすい感じになってきてるので211円ローの高値ゾーンからの売りで。

(注)為替予約…為替リスクを管理するために開発されたデリバティブ商品。指定の期日に予め決まったレートで外国通貨を売買できる契約を取引しているもの。輸出企業や輸入企業にとっては早期に想定為替レートを確定して為替差損を回避出来るため利益計画を立てやすいメリットがある。

<戦略>
USD/JPY 買い 111.70 → 112.90
GBP/JPY 売り 211.10

頑張れ40代

昨晩は40代の女性2人と飲みに行ってました。40代、と言っても見た目も話す内容も到底40代とは程遠い2人なので全くそういう意識はありませんが、あの強烈な性欲のオーラみたいなものは40代独特のものでしょうか。30させ頃、40し頃と言いますがそれを地で行くようなお二方です。2人のうち一人は結婚して子供も居てるんですが、男漁りに夢中で昨日も狙った男をどうやって落とすか、というストーリーを仕立ててきてそれがどうなのかという話に終始しました。偶然を装って別の男と一緒に居るところとわざと鉢合わせにして云々というストーリーはマンガの世界というか中高生が考えそうな世界でした。いやはや世の中は広い。いくつになっても恋をするべきとは言いますがあのレベルになると「達人」の域です。このマンガ顔負けのストーリーは近いうちに実行される予定です。あな恐ろしや。
一昨日に外貨預金のつもりで、と仕込んだキーウィが今日になって急上昇。「70円を明確に超えるようなら迷わず売る」と公言していた通り売りました。+18000円。久しぶりにちょっとした金額の利食いとなりました。天晴れ。
昨日のドル円売りも一応成功はしましたが、今日になってあっさりと112円突破。何で??専門家も不思議で仕方ないというムードですが事実上昇してるのですから仕方がありません。112.40がトピッシュだという噂があり、何でかなと思ってリアルタイムチャートを見ようとしたらなぜか繋がらず…。結局その根拠が分かりませんでした。フィボナッチですかね?ですが相場はその噂通り112.40付近で折り返して反転しています。単なる押し目なのか111円台を目指すのか?ちょっと自分なりの根拠が分からないので手を出せません。
二匹目のドジョウを狙って本日もキーウィの下落待ちでいきます。ドル円はこのまま再度上昇して112.40でWトップを描くようなら売りからいってみますか。
いずれにしてもここ最近調子いいのでこの調子でガンガン攻めたいと思います。

<戦略>
USD/JPY 売り 112.40 → 111円ミドル
NZD/JPY 買い 69.30 5万ドル

株続落

昨日に続いて株が下がってますね。日経225は15000円ミドルですか。どんな相場にも右肩上がりがずっと続くというのはあり得ないんですからこういう局面は大いに予想されるんですが、市場は何か天災でも起きたかのようなパニックになっています。猫も杓子も株、株、株。書店には強気一辺倒の株本があふれて、証券会社やマスコミが煽りまくった結果がこれです。この下落で個人投資家は相当傷んでると予想されますが、種銭の少ない個人投資家はナンピンを入れる資金力も無いでしょうし、当面株を買い支える勢力は見当たりません。ホリエモンや村上ファンドが弄んでる株式市場の真の姿をしっかりと見届けておくべきです。
ドル円が急上昇の後は急落。111円のラインで辛うじて下げ止まった、という感じで現在も111.05-10で欧州勢参入待ちとなっています。この水準でサポートが機能するようなら買い参戦したいのでこのまま欧州勢を待ってみます。東京の下値110.95がサポートするなら買います。
…と書いてる間に成り行きで買いました。111.11。111円のサポートは充分に機能して欧州勢が111円ミドルまで押し上げてくれるという淡い期待を持つことにしましょう。昨日買ったキーウィと違ってこれは短期トレードなので111円ミドルまで行けば何も考えずに売ります。当面の売りどころは5月17日安値と5月22日高値のフィボナッチ61.8%戻しである111.41ということになるでしょう。

<戦略>
USD/JPY 買い 111.11 →111円ミドル

株が急落してますね

株が急落してますね。金利上昇や円高をにらんでの株安だとか後付けで色々と言われてますが、これまでの上昇トレンドが異常だったんですよ。それまで7000円~8000円台をウロウロ、というより低迷していた日経225がいきなり1万円突破、あれよあれよと言う間に16000円台なんてどう考えても異常です。それに対する調整や利食いが入って値を下げたところ個人投資家までパニックになって全面的に売られた結果がこの株安でしょう。そもそもここまでの実力があるとは思えない企業の株価まで水ぶくれしてたんですから、本来の株価に調整されるのは当然で、何ら不思議なことではありません。外国為替の世界では普通に語られることも昨今の株ブームではあまり語られることもなく強気論ばかりが独り歩きして結果として個人投資家が右往左往することになるのです。この株ブームに乗った(というより乗せられた)投資初心者の人達はここしばらくで株の怖さを体感することにいなるかも知れませんね。特に信用取引とかしてる人は要注意!
外為は先週からの流れを継いでドル円が急上昇する展開となっています。112.15の節目を突破したかと思うとアッと言う間に113円に迫る勢い。この買いパワーは強烈です。112円ミドルの頃にトレンドについていってみようかと思いましたが思案している間に112.85になってしまい、買いチャンスを逃しました。残念。
その代わりと言っては何ですが実に久しぶりにキーウィを買ってみました。70円割れしてから久しいですが、70円を割れたということは保証金の金額も下がっており非常に買いやすくなっています。69円絡みと言えばキーウィの通常のレートでそれほど低すぎる水準でもありませんから外貨預金のつもりで5万ドル買いました。70円を明確に超えるようなら売りますが、それまではスワップ狙いで放置でいきたいと思います。
ドル円とユーロドルは激しく値動きしていますので今日は様子見でいきたいと思います。こういう展開の時に手を出すとロクなことがありませんから。

<戦略>
NZD/JPY 買い 69.45 5万

勝っても見てくれない

いよいよ交流戦が始まりました。初の開催となった去年も大いに盛り上がり、今年も盛り上がりそうな気配です。虎は日本シリーズでどえらい目に遭わせてくれたロッテに快勝し、いいスタートが切れました。ちょっと出来すぎな感もあるだけに今日のチケットを持っている私としては雨とともにロッテの奮起が心配です。WBCが無ければボロクソに勝って欲しいところですが、WBCであれだけ感動を与えてくれた日本代表にはロッテの選手が多数含まれているだけに何とも不思議な気分を味わいました。今日は雨さえ降らなければ甲子園に行ってきます。他球場はどうなのかなとケーブルTVのチャンネルを流してみました。すると…。虎の中継以外に唯一地上波で中継されていたオリックスvs読売。何なんですかアレは?スカイマーク球場は交通便が悪い&雨降りという悪条件を考えてもあのスタンドのスカスカさはショボすぎます。アンチ読売の私ですから色眼鏡で見てる部分もありますが、オリックスの主催ゲームなのに実況は露骨に読売びいきでしたが、あの客入りの悪さはおそらく視聴率にも表れていると思います。裏ではサッカーのブルガリア戦もやってましたしなおさらでしょう。強くても客が入らない、視聴率が上がらない読売というのはどうやら重症のようです。ですが何の同情も危機感も感じません。ザマーミロ。
昨日もドル安一色の展開となり、東京時間も見てる間にジリジリとドル円が下がっているのが分かりました。5日移動平均と26日移動平均を見てみると4月20日にキレイなデッドクロスを示現したあとは下げ一辺倒。トレンドについていってみるかと成り行きの111.47でドル売り。直後は買い戻しが入ってまたもや相場観を外したかと思ったらNY時間にまたもや下げ。私の操作ミスで110.95に入れていたと思ってた決済注文が入っていなかったようで、朝一番に111.10で利食い。ちょっと儲け損ねましたが、+1225円。
110円まで節目らしい節目が無い以上、サイコロジカルとボリンジャーバンド下限の110円絡みからのロングメイクは変わりませんが、それまでに戻り売りチャンスがあれば積極的にやっていこうと思います。4月11日の高値118.92から昨日の安値110.95のフィボナッチリトレースメントを見てみると38.2%戻しの114.03が機能しているようですが、幾らなんでも今日中にここまで戻すとは考えづらいです。
なぜ今日中にこだわるのかって?今日は日本時間の午前3時にFOMCの政策金利発表があります。0.25%の利上げは完全に織り込まれており、問題は利上げ打ち止めなどのネガティヴな声明文があるかどうか。市場は完全にドル売り、つまりドル下値トライで攻め続けてますので少しでもネガティヴな文言があったら即ドル売り反応でしょう。それまでにいい形でドル売りポイントを探っておきたいんですけどねぇ。
当面は昨日の高値ゾーンである111円アッパーから狙っていきますか。但しこの戦略はFOMCが利上げ打ち止めを示唆することを前提としたもので、何かポジティヴなサプライズがあった場合は相場は完全に逆の動きをします。その場合の責任は負えませんのであしからず(笑)

<決済>
USD/JPY 売り 111.47 → 111.10 +1225円

<戦略>
USD/JPY 売り 111.80
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ