2006年06月

ヤバい話

かねてよりやりたいと思っていた「都市伝説」研究のブログを立ち上げました。
都市伝説やデマ、噂話は全く根も葉もも無いものから実にもっともらしいもの、あながちデマとも言い切れないものまで色んなものがあります。
このブログではそんな都市伝説を紹介し、検証していこうと思っております。今後ともよろしくお願い致します。

ヤバい話
http://blogst.jp/tackun/

日本橋萌えツアー報告

先週の金曜、日本橋で萌えツアーを敢行しました。萌え文化の発展著しい大阪・日本橋でまだ行ったことがない店に行ってみよう!ということでもう一人のオタクを連れてツアーに出発!
051217_zqn_0002.jpg1軒目は「おんりぃわん」というコスプレカフェへ。ここはプライベートコースとカフェコースというのがありまして、カフェコースは普通にお茶を飲むだけのコースですが、プライベートコースは自分の席で女の子と1対1になってトークを楽しめるというものです。20分2000円。これが高いのか安いのか、入ってみてからの判断です。座席は床に座椅子のようなものを置いてそこに座り、女の子は正面で座布団のようなクッションに座ります。セーラー服なので正面に座ると見えそで見えなさそで…という趣向が売りのようです。10分経過すると女の子が変わります。私はノーマルにそれだけで店を出ましたが、店にあったオプションメニューはかなりマニアックなものでした。「女の子の衣装を変える(衣装持込可、とありました。これは味噌です)」「女の子が三角座り」「隣に座って腕を組む」…変態の臭いがするものとしては「髪の毛お持ち帰り」というのも。「新妻ごっこ」というのもありましたが何をするのか聞いても言葉を濁されてしまいました。怪しいです。ここでの使用金額2000円也。
次は堺筋の反対側、ジョーシンディスクピアの裏通りにある「ZQNカフェアルゴ」。ちょっとコンセプトが分かりにくい店なので店のサイトにあるコンセプトを見てみましょう。
「キュントちゃん率いるエィゲ空部隊の特務隊員達とQちゃんは、任務完了後の帰還中マシンのエンジントラブル?!により、一同を乗せた船は地球へとまっさかさま!!キュントちゃんの見事な操縦技術のおかげで、何とか怪我もなく無事に不時着…しかし、機体の損傷は激しく飛行不可能。不時着地点は休校となり無人化した学校跡地。キュントちゃんとその一行は機体修繕費用を作るために地球の知人に相談しZQNcafeARGOをオープン!!てんやわんやの日々が始まるのであった…。」
なるほどそういうことですか。宇宙人が地球に不時着してまた帰るための資金稼ぎだそうです。その割には私が注文したコーヒーは400円でした。そういうことならもっと高い物を注文してあげれば良かったと後悔しています。
header.jpg最後に向かったのは正統派メイド喫茶と評判(?)の「めいどるちぇ」。日本橋のメイド喫茶は「カフェドール」と「CCOちゃ」が正統派だと思ってますが、ここは記念すべき3店目の本格派メイド喫茶です。ちょっと店の作りが狭いのと、座る席によっては全然メイドの姿が見えないという当り外れがあるのが少々気になりますが、この店は繁盛してるので近いうちにもっと広い場所に移転するかも知れません。
以上日本橋萌えツアーレポートでした。

う、動かない

まもなく5時。普段なら外為市場に欧州勢が参戦してくる時間帯です。東京時間の地合を引き継ぐのか、それとも欧州勢の仕掛けが入るのか?色々な思惑が交錯する時間帯なんですが…。
それにしても動きません。サッカーのワールドカップが始まってからというもの、欧州時間はかなり取引量が減っているようです。ディーラーもとっととサッカー観戦に帰宅してしまうそうですから日本と欧州のサッカーに対する熱意が伝わってきますね。
今日もロンドン時間はイベント無しでNY時間までは一時休戦となりそうです。

サッカーでも通貨でも日本ピンチ!

昨日のクロアチア戦はすごかったですね。まさに死闘という言葉がピッタリの消耗戦で、終了間際の両チームはバテバテでした。簡単なパスがつながらなかったり、ミスを連発したり、と試合開始直後では考えられないようなプレイが連発してました。試合前は日本をナメきった発言を連発して(これも戦術なのかも知れませんが)たクロアチアに勝たせなかったというのは大いに意義のあることで試合内容を見ても健闘したと思います。WBCに続いて、今年はスポーツの国際大会が楽しませてくれます。
世界がワールドカップに夢中になっている間に外為相場では色々とニュースが起きています。底が抜けたような円安が続いていますが、理由はやはり日銀総裁の村上ファンドに関わるスキャンダルに絡んでゼロ金利政策解除のタイミングが遠ざかったと見る円ベア筋の円売りに歩調を合わせるように進む日本株の叩き売りも影響していると思います。ポンド円213円、ユーロ円145.75円というのはどう考えても尋常な数字ではありません。
ここまで進んだ円安には必ず調整が入ると見た私はポンド円とユーロドルで新規ポジションを立てています。ですが、円安はさらに進みどちらのポジションでも含み損が出ています。いくらなんでもこの異常な水準で損失確定するわけにはいきませんので、しばらく保有して静観してみようと思います。
というわけで資金力の都合もあって当面は決済タイミングを図りつつの様子見となりそうです。

ワールドカップ休戦

外国為替市場には世界三大市場というのがあります。取引量の多い順からニューヨーク、ロンドン、東京です。東京は残り2つの市場とほとんど時間帯が重複しないので独自の動きをしますが、ロンドンとNYに関しては4時間時差なので半分くらいの取引時間は両市場が重複しています。よってNYはロンドンの流れを引き継ぐことが多く、ロンドンオープンの時間が大注目となるわけです。さてここ最近はワールドカップサッカーが開催中で欧州市場はサッカー休暇とも言われています。実際に取引量も減ってるようで、市場参加者がサッカーに釘付けになっていることが大きな原因だと言われています。欧州のサッカーに対する盛り上がりというのは日本とは比べ物になりませんからね。
そんな相場展開の中、ドルが急伸中です。109円台まで売り込まれたドルが現在115円台。世界で同時に起こっている株安や商品安によって投資マネーがドル買いに流れている、という説や米国の強い経済指標が材料視されたという説、そして利上げを見越したドル買い説などなど…見方は様々ですがこれらがどれも重なり合ってドルが買われているのは確かのようです。ユーロドルはジリジリ値を下げているんですがユーロ円は144円が底堅く、ドル独歩高であることが分かります。少し前までのドル安トレンドの際には115.50が大きな節目でした。今回も115.50をトライする局面がありましたが、現在のところ破っていません。今回も115.50が強く意識されるんでしょうか?短期的には115.50のレジスタンスを信頼して売りから、ロング派の方は115.50のブレイクを確認して買いで付いていくのがアリか?いずれにしても私はちょっと手を出せそうにありません。
ではどこでやるのか?ドル高の影に隠れてオセアニアが売られています。商品市場の下落も影響してるでしょうからこのトレンドはしばらく続くでしょう。キーウィが71円割れ、70円ミドルに達したら迷わず買います。現在はその下落待ちの状態です。
チャート的にはユーロドルとNZ円が面白い局面になってきています。どちらも一目の雲に差し掛かっておりそれが抵抗泰やサポートとして機能するか?その見極めをした上で積極的にトレードしたいと思います。
eurusd.gif

nzy.gif
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ