アベノミクスという言葉が登場してから、円安と株高が進行しています。

そもそも円安というのは日本円が売られているわけですから、日本にとってはマイナス材料であるはずなのに、株価は上昇。

常識的に考えると、ちょっと不思議ですよね。

しかし、もう少し経済を深く考えてみると、その答えが出ます。

円安が進行するということは、日本の基幹産業である輸出産業にとって追い風が吹きます。

円高のせいで海外で苦戦を強いられてきた日本企業にとって、競争が有利に働く。

実際にその流れはすでに生まれており、これまで韓国や中国の企業との競争で不利な位置に立たされてきた日本のメーカーが軒並み収益を改善させています。

安倍内閣が進めるアベノミクスは、まさにこの効果を狙っていたのでした。

しかし、為替相場を意図的に動かすことなど、到底できません。

そこで考え出されたのが、日銀の大胆な金融緩和です。

先日就任をした黒田総裁の政策をそのまま実行すると、まだまだ円安に誘導されることでしょう。

このトレンドは当面続くと思われるので、ドルストレート以外にもクロス円の通貨ペアでも軒並み円安レベルを切り上げ中。

これは絶好の機会なので、ドル円やユーロ円などの基軸通貨ペアで短期的な利益を狙うか、オセアニアなど高金利通貨でスワップと為替差益の両方を狙うことが可能になってきています。

この流れにしっかり乗って、いい買いポジションを作ってくださいね。