このFXブログで指摘するまでもなく、ここ最近の急激な円安は安倍内閣が主導している経済政策、アベノミクスが要因であるというのは半ば常識になっています。

私自身もそれを疑っていない時期もあったのですが、どうもそれだけではないようだというのが、ここ最近の動きで見て取れるようになってきました。

その根拠は、アメリカの景気回復です。

どうもアベノミクスよりも、こちらのほうがFXの相場にも強い影響を与えている様子なのです。

それでは、今回は日本とアメリカの株価チャートを見てみましょう。
名称未設定-2 

こちらは「Nikkei225」と呼ばれる指標で、日本では日経平均株価と呼ばれているものです。

では、次はダウ工業株平均。
名称未設定-3 

この両者の違い、分かりますか?

最も大きな違いは、日経平均で丸印を付けた部分。

アメリカの株が順調に値上がりしているのに対して、日本の株はかなり出遅れていることが見て取れます。

2か月くらいは時間差がありますね。

これは、アベノミクスだけでは材料不足でアメリカの株高…つまり景気回復が大きく関わっていることを示しています。

株価とFX相場(特にドル円)に相関関係があることは常識ですが、4月に一度株がガクンと下がっているものの、ドル円相場に急激な円高という動きはありませんでした。

本来なら株安に反応してドル円も数円単位で動くことがあっても良さそうなものですがこれと同じ時に米国株は順調だったことが、ドル買いを下支えしたのでしょう。

結果として、ドル円は安定した円安基調を守り続けました。

今回の結論は、アベノミクスだけを材料視してFXトレードをすると最大で2ヶ月ほど出遅れる可能性があるというお話でした。