おはようございます。

まずは、保有していた豪ドル円の買いポジションが寝ている間に決済されていたので、そのご報告から。

豪ドル円は本日の朝一番に一時、97.74に上髭を伸ばす場面がありました。

その上昇局面で、見事97.70に置いていた決済注文がヒットし、利食いに成功。

97.05で買って97.70で売ったので、65pipsの利益を取ることができました。

購入ロット数は明かせませんが、なかなかの利益になりましたのでご報告いたします。

それでは、次なる獲物探しをしてみましょう。

豪ドル円は現在本日の高値圏にありますが、再び97円を割り込むような下落があって、それをホールドしない限りは買えないので、今のところは様子見で。

注目の株は若干の売り優勢からスタートしていますが、それでも円安基調になっているので、まだまだアベノミクス円安の形は崩れていないということなのでしょう。

さすがに株は調整が入りましたが、為替に関してはある程度実需も絡んでいるということなのか?

いずれにしても円に関する通貨ペアはどれも円安基調になっているので買いにくく、そうかと言って売れる局面ではないので今のところは手を出したくない状況です。

そこで注目したのが、ユーロドル。

名称未設定-1
本日はドル高ユーロ安からスタートしていて、しかもその動きがかなり極端です。

しかも、RSI60分足で一気に売られすぎを示しています。

これは買いどころを探りたくなるというもので、ひとまず23日の安値である1.2821近辺を狙うことにしてみました。

他のテクニカル要素を見ると、日足ではデッドクロスが出ていて下落トレンドとなっているので矛盾しますが、ここは短期トレードで売り抜けたいと思います。

1.2820の買いで、1.2860の売り決済という注文を出そうと思います。