何なんでしょう、この円安。
クロス円、特にオセアニア通貨の高さは目を引きます。
ポンドも気付けば198円ミドルでいよいよ200円を射程に収める上昇トレンド。
ポンドは長いスパンで見れば190~204円の超ワイドレンジを描いてるのでそのレンジ内と言ってしまえばそれまでか。
ドル円は方向感が無いので手が出しづらかったけども昨日のNY時間に出した売りオーダーは不成立。
105.33の売りで、オーダー時のレートが105円ローだったことを考えるとこれで不成立とは動かなかった証拠やね。結果論としては今も105円ローの水準なので不成立で助かったというところか。
オセアニア通貨はどうにもこうにも高過ぎて手を出せない。
ポンドは200円を伺ってるけども201円台のポジションを引き続き保有してるのでこのポジションの決済待ち以外に妙味は無し。今度こそポンドは200円台では買わんようにしよう。
ユーロドルもジリジリ値を上げてきて1.3を伺い始めた。いい傾向ではあるけど今日と明日のグリーンスパン発言で何が飛び出すか分からんだけに楽観出来ない。
こうして見ると手が出せそうなのはドル円くらい。しかも売りから。ドル円の売りは何回痛い目に遭ったか分からんのでもう手を出す気にはなれん。
そうなるとオセアニア通貨の押し目買い?うーん、この水準で買うのはなぁ。
というわけで今の相場は手を出す気になれません。