私は高層ビルが好きです。大阪で言えば南港WTCや梅田スカイビル、そのほか色々ありますね。理由は長くなるので書きませんが、今回の上海行きでも高層ビルを見るのが一つの目的でした。世界の高層ビルランキングでは1位が台北の「台北101」、2位がクアラルンプールの「ペトロナスツインタワー」でここ上海には世界第3位の高層ビル「金茂大厦(ジンマオタワー)」があります。よく上海の写真で球体のようなものが特徴のテレビ塔が紹介されますが、その隣にある超高層ビルです。地上88階建てで下半分がオフィス、上半分はグランドハイアットのホテルになっています。最上階にはお約束の展望台があり、高層ビルマニアの私は迷わず上りました。入場料は50人民元。高いのか安いのかピンときません。
jinmao4.jpg
展望台に上るエレベーターはこれまた外国の高層ビルらしくアホみたいに速いです。中国人はせっかちですから、国民性もあるのかも知れません。上海市内から浦東空港にはリニアモーターカーがありますが、これも市内から7分で着くそうです。大阪で言えば市内から関空まで7分、というイメージです。この速さはアホアホで最高です。
jinmao3.jpg

jinmao2.jpg
展望台からの景色はもう最高でした。天気が良かったこともあって新たに開発されている浦東地区から上海の市街が一望でき、上海という街のとてつもないデカさを満喫できます。例のテレビ塔も隣にありますから真正面に見え、中国のイケイケぶりを象徴しています。この風景は上海で見た一番美しいものだったと言えるでしょう。
先ほど上半分はホテル、と書きました。何とこのホテルはフロントロビーから最上階の展望台までが吹き抜けになっており、展望台の内側からその吹き抜けを見下ろすことが出来ます。
jinmao1.jpg
その光景たるやまさにスターウォーズ!ダースベーダーに放り投げられた皇帝がアアァァァァァァァと落ちて行きそうです。こんなアホみたいな吹き抜けも見たことがありませんでしたから、なかなか壮観でした。
展望台は上海人だけでなく、欧米人や中国全土からの観光客でごった返していました。なぜか日本人の姿は一人も見ることがありませんでした。日本人には不人気なんでしょうか。
ビルを出た後デジカメでビルの全景を撮影しようとしてみたところ、あまりにもビルの背が高すぎて1枚の写真におさまらなかったのが印象的でした。
なお、この金茂大厦の近くに今度は世界最高峰のビルが建つそうで、今工事中だそうです。ちなみにそのビルの施工主は日本の森ビル。そのビルが建ったら迷わずまた上ってみたいですね。