ケッタイな依頼はその後も話が進行し、再び依頼人に呼ばれました。どうやら娘さんの通っている中学校の先生が自宅に来るので、話をして欲しいとのことでした。
再び依頼人のところに着くと、年配のちょっとオーラのある男性とそこそこ若い女性が居ました。その年配の男性というのはなんと校長先生でした。もうひとりの若い女性は担任の先生でした。
前に私が行って復元したデータを保存して警察に持って行って、警察と交渉して動かさせたいということでした。いい校長先生ですねー。
それならばということで、復元できた全てのメールを保存して持って帰ってもらいました。この事件はまだ今後も見つかるまで色々と展開がありそうです。
さて、GW明け5月第2週の外国為替は比較的落ち着いた相場でしたね。
ある一定の範囲内を行ったり来たりする相場のことをレンジ相場と言いますが、私は逆張り派なのでレンジ相場が一番やりやすいです。
ドル円は短期的には119.75-120.15あたりのレンジ相場となっており、このレンジで2回儲けさせてもらいました。
他の通貨も同様にレンジ相場を継続しています。ユーロ円だけはどうもいきなりガツンとやられそうな気がするので手を出す気になれませんが、オセアニアなんてどうでしょうか。
特に投資効果の高いNZ円については、87.90-88.90のレンジを利用すれば今後も何度か儲けるチャンスがありそうです。
安全にいきたい私としては、ドル円が119.75にタッチすれば買い、そのポジションが120.10に上昇すれば売り。ポジション成立時点でさらに下落するなら第2サポートの119.30付近でナンピン。

<戦略>
USD/JPY 買い 119.75 → 120.10