ドル円相場にいよいよレンジブレイクの兆しが見えます。これまで長らく118-120のレンジ相場を続けてきたドル円ですが、先日120円の抵抗帯をついにブレイクし、そのまま120円台で安定しています。マーケット全体の流れとしては円キャリートレード(注)の流れと金利差相場による買いが優勢でドル円ポジションのうち約75%が買いポジションだというデータも出ています。
usdjpy.gif
そうなると、現在新規にポジションを立てるとなるとやはり金利差の安心感もあって買いからということになるでしょう。とすればどこで買うか?120円台で安定している現在の値動きで押し目を探すとなると、ズバリ120.20です。この3日間120.20がサポートラインとして機能しているため、下げるならここが限界でしょう。というわけで120.20からの買いで。この後120円アッパーのレンジをブレイクすると読んでいますので、うまくすると大相場に乗れるかも知れません。
なお、オセアニアは昨日調整下落となりましたね。オセアニアが50pt以上下げると反射的に買ってしまう私なので、昨日のNY時間に成り行きでオージー円を5万ドル買いました。成立値99.53。現在東京時間は99.80-85で推移しており1万円ちょっと含み益が出ていますが、利食いポイントは100円直前で待機したいと思います。

<本日の戦略>
USD/JPY 買い 120.20

(保有ポジションの決済予定)
AUD/JPY 買い 99.53 → 99.90