5月も第4週に突入です。先週の金曜はやってくれましたね、中国人民銀行。今週から米中戦略対話でしたっけ、双方の経済的な課題について話し合う会談があるんですが、その席上で中国の人民元についての圧力が掛かるのは明白でした。中国はその会議を前にして先手を打つ形で人民元の変動幅を対ドルで0.5%拡大すると発表し、アジアのメジャーカレンシーである円が一気に買われました。
ドル円は120.70近辺に、ユーロ円は162円台に急落するなどマーケットはパニック的な円買いとなりました。最近私が狙っているオセアニアも例外ではなく、オージー円は99円絡み、NZ円は87円台への急落です。「オセアニアが下げれば自動的に買う」という戦略でここ最近動いていましたので、これの下落は下値を拾う取引となり、まんまと利食いに成功しました。
但し自信度80%と宣言した先日の戦略は残念ながらそこまでの下落がなく、買い不成立でしたね。買えてれば121円台乗せが実現したので利益が出せたんですが。

<先週の成績>
NZD/JPY 買い3万ドル 88.20 → 88.43 +4500円
AUD/JPY 買い3万ドル 99.53 → 99.90 +8541円
AUD/JPY 買い2万ドル 99.53 → 99.71 +1894円
AUD/JPY 買い5万ドル 99.45 → 99.71 +10500円

いわゆるTバック下落というやつなので、人民元ショックで一気に下げたものがキャリートレードや金利差相場のお蔭ですぐに戻すという安心感のある取引でした。今後もこのスタンスを継続して、オセアニアに調整が入れば拾って、オージー円は100円のレジスタンス、NZ円は89円のレジスタンス手前で利食い。

<本日の戦略>
AUD/JPY 買い 99.45
NZD/JPY 買い 88.20