ニュースコメント

リアル版棒倒し

経済成長著しい中国ですが、実は共産党が一党独裁を続けている共産主義国家です。共産主義とは資本主義の対極で、全ての財産は国家のもので国民はその元で全員が平等な生活をする…というものです。ところが現在の中国が事実上資本主義化しているのは言うまでもありません。ですが資本主義の根幹である物の所有権は相変わらず国家のままで、国の方針によって簡単に私有財産がなくなってしまったりします。つい最近までの中国はそうでした。
ところが物権法という法律が誕生し、個人の財産権がある程度保証されるようになりました。日本では当たり前のことですが、自分のものとして持っているものを人に何の理由もなく取られてしまうことがないから、安心して頑張ってお金儲けしようという気になるわけです。これは資本主義の大原則です。
そういった個人の資産として一番ドラマになるのが不動産です。不動産はその名の通り動かない資産ですから、どこかに隠してしまったりすることも出来ません。
中国では不動産も全て国家のものです。ですから国の方針で開発計画が持ち上がると、そこに立っている建物は問答無用で容赦なく取り壊しです。それを阻止する方法はありません。これだと、自分の住んでいる家がいつ何時取り上げられてしまうか分かりません。これでは経済成長の邪魔になる、ということで出来たのが物権法です。
さて、その物権法が誕生してからというもの、各地で再開発などで土地の立退きなどを巡ってトラブルが起きています。これまでなら国家の方針なら仕方無いということで泣き寝入りをしていたことが、泣き寝入りしなくても良くなったのです。
41674b8c.jpg
この写真はそうした中国の今を象徴する一枚です。重慶市で住宅地の再開発が進んでいるそうですが、そこで立退きを拒否した家族が居座ったため、その周りの立退きに応じた土地だけを先に造成してしまったのです。早い話嫌がらせですが、それをする中国もスゴイしここまでされても抵抗している家族もスゴイ。まさにリアル版棒倒しです。
なお、この家族はつい最近立退きに関する和解に応じ、近々この光景も見られなくなるそうです。

言いたいことが山ほどあります

ここ最近の北朝鮮情勢について、思うところがたくさんあるので書いてみたいと思います。北朝鮮はハッキリ言ってアホです。北朝鮮は戦前の日本のようだと言う評論家がいますが、これは大きな間違いです。戦前の日本は軍国主義でしたが、共通しているのはそれだけです。もっと国際情勢を分析する能力がありましたし、国益にかなった政策を持っていました。そして、北朝鮮と違って戦前の日本には豊かな文化がありました。
さてその北朝鮮が遂に強行した「核実験」ですが、これも疑わしいことばかりですね。核実験というのは連続して何回も行ってこそ初めて核兵器の爆発データが収集できるものです。核爆発というのはまだまだ分からないことが多く、核融合や核分裂が起きる条件を整えてもそれがいつ始まるのかは解明されていない、と北海道大学工学部に進んで学者になった高校時代の友人が教えてくれました。それを研究するのを量子力学というそうですが、彼はその量子力学者なので彼の言うことに間違いはないでしょう。そのために核実験は何回も連続してやるものなんだそうです。
先日の「核実験」はたった1回だけですし、どうやら失敗したのではないかという見方が大勢です。要するに北朝鮮にしてみれば核実験が成功するかどうかではなく自分たちの要求を通したいための外交カードとしてやったということなんでしょう。
これに対する世界の反応は早かったです。特にタカ派政権である安倍内閣の動きは早かった。国連を舞台に大立ち回りを演じたことは評価します。日本が自分の主張を国際舞台で展開してそれをある部分まで世界に認めさせたのは政治的勝利です。
昔から日本核武装論という意見がありましたが、今回の核実験でそれがにわかに現実味を帯びてきた感があります。私は日本は核武装するべきだと思っています。それだけでなく、台湾も核武装するべきです。それはなぜかと言いますと、軍事的バランスを保つという目的と、もうひとつは軍備の正常化です。今、世界には何万発もの核兵器があります。これは人類を何回でも焼き尽くすだけの火力です。どう考えてもバカげていますが、外交というのは最終兵器を喉元に突きつけあってからでないと対等な交渉が出来ないのです。
日本は中国は今後さらに緊密な関係になるでしょう。私は日本と中国が対等な関係になるために核兵器が必要だと思っています。核武装した上で、中国と軍事同盟を結べば北東アジアの安全保障問題は一気に解決するものと思っています。
台湾が核武装するべきだというのは、もちろん中国との関係です。台湾は誰がどう見ても独立国家です。中国とは体制が異なりますし、何よりも中国人が台湾へ、台湾人が中国に入るにはパスポートが必要なんですから。台湾は中国の国共内戦に敗れた国民党が台湾に逃れて樹立した国です。共産党が台湾との戦争関係を継続して占領する意思がある以上、台湾は効率よく対峙するために核兵器が有効でしょう。
私は右翼でも軍国主義者でもありません。決して使うことのない核兵器を持つことよって自衛隊の無駄な装備を大幅に縮小できるのです。効率よく国を守るために必要だと言いたいわけです。
それともうひとつ、ここまで触れなかった韓国についてコメントしたいと思います。今回の国連決議や各国の綱引きを見ていて、韓国の姿は全くありませんでした。では韓国は何をしていたのかと言うと、私が「泥棒に追い銭」だと言い続けてきた太陽政策の是非を巡って国内が揺れています。この期に及んでまだそんなことを言っているだけでも稚拙そのものですが、つい最近まで北朝鮮政策について成功をアピールしていた連中がここに来て手のひらを返しているサマを見て、何とも言えない脱力感があります。
先日北朝鮮がミサイルを発射した時に、日本は危機管理に動きました。その行動に対してノムヒョン大統領は「日本のように早朝から大騒ぎすることではない」とコメントしました。反日政権らしいコメントですが、そのコメントを発した数ヶ月後にこの核実験です。政策の失敗は明らかで、韓国国民は騙されていたのです。熱くなりやすい国民性を利用して北朝鮮シンパの政治家が韓国全土を危険にさらしているのです。このことに気づいている人も居るようですが、国全体の問題として気づくべきでしょうね。
韓国ではもうお家芸とも言える「国旗燃やしショー」、今度は北朝鮮の国旗が燃やされていました。この人たちってこの前まで日の丸燃やしてた人じゃないんですか?どんな理由であれ他国の国旗を燃やしたりするのは民度が低い行為です。他に思想を表現する手段が無いアホがやることですから、こんな連中をいちいち取り上げて報道すること自体が不快です。
今回の核実験は、日本だけでなく韓国も中国も、ひいては世界が有耶無耶にしてきたことをちゃんと整理する時期が来たということを示しています。関係している国の国民は全ての人が自分の意見をちゃんと持つべきです。そうでないと、いたずらに世論を右傾化させるポピュリズムの餌食になりますよ。

祭り発生!

インターネットの世界には時折祭りが発生します。
川崎憲次郎のオールスターファン投票事件、マトリックス集団の渋谷ジャック、電車男…数えるとキリがありません。
さてただいま通称ヤフオク、Yahooオークションで祭りが発生している模様です。
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c105110350?u=best_jeanist_charity
ベストジーニストに選ばれた浜崎あゆみと氷川きよしのジーンズがチャリティオークションとして出品されてるんですが、氷川きよしのジーンズは15万円前後。これでも高いなぁと思う数字ですが、これは実際に熱烈なファンなら出せる金額でしょう。
それに対して浜崎あゆみのジーンズはこのブログ更新時で7261万円!そんなアホな。
明らかに買う気も無いのにどこまで値段がつり上がるかを試すイベントと化しています。こういう現象をネットでは「祭り」と呼びますが、この祭りはあと4日続きますのでどこまで行くか見守ることにします。
興味のある方は参戦されてみては?

ニュースコメント:ユリ・ゲラーがスプーン曲げで中東和平に寄与

20051129-00000193-jij-ent-view-000.jpg【ジュネーブ28日:時事通信】エンターテイナーで超能力者のユリ・ゲラーさんが歴史的なパレスチナ赤新月(赤十字)社とイスラエル赤十字の協力協定実現に得意のスプーン曲げで多大の貢献をした。スイスのジュネーブで28日行われた調印式でカルミーレイ・スイス外相が明らかにした。ゲラーさんはイスラエル赤十字の重要な募金組織「メイゲン・デービッド・アドムの友」の会長をしているが、カルミーレイ外相によると、交渉開始に当たりゲラーさんがスプーン曲げで両者間のよそよそしい雰囲気をほぐしただけでなく、協定案の主要事項にみんなの注意を集中させ、細部の重要な詰めの段階でも節目節目で意見相違の克服に努めた。おかげで、合意成立までの道筋には、かなりの数の曲げられたスプーンが残されたという。ゲラーさんは同外相の賛辞にこたえて、「双方の交渉団の意思の力で協定が成立した」と述べるとともに、パレスチナ赤新月社のユニス・アルハティブ総裁の前でもう1本のスプーンを曲げて見せ、「今度はあなたの喫煙もやめさせてあげましょう」と述べた。

実は私、このユリゲラーが大好きなんです。スプーン曲げで日本を席巻した当時に「日本中の壊れた時計を直してみせる」と豪語し、直してあげるのでTVの前に壊れた時計を置いて欲しいと言いました。当時私の家には壊れた時計がなく、正常に動いてる時計をわざと壊してTVの前に置いたのですが一向に直らず親に大目玉を食らったという事件以来大いに興味を持つようになり、現在でもウォッチングを続けています。
イラン人である彼は本国に帰りジャパンマネーで大金持ちとなり、金持ち=英雄というイスラム圏の法則通り彼は英雄となり様々な名誉職に就きました。赤新月(イスラム教では十字はタブーなので新月)と赤十字の会談に登場したのもそうした流れ上当然でしょう。イスラムとキリストの敵意むき出しの会談の席上でスプーン曲げを披露する彼のショー精神も偉大ですし、それで打ち解ける両者も素敵です。合意成立までの間にかなりの数のスプーンを曲げたユリゲラー。他に無いのかと言われそうですが、時計は直せませんでしたからねぇ。
スプーンどころか平行線をたどっているパレスチナとイスラエルとの関係までグニャグニャに曲げてしまったユリゲラー、やはり信ずる者は救われます。それにしてもユリゲラー、結構老けましたね。

ニュースコメント:小嶋社長放送禁止用語連発

(11月28日スポーツ報知)連日のテレビ出演で「オジャマモン」の座を確立したヒューザーの小嶋進社長(52)は、27日もフジテレビとテレビ朝日の報道2番組に生出演。ここへきて、口止め疑惑や国土交通省への財政支援要求など自己保身が判明。徐々に旗色が悪くなり、いらついたのか、番組中に放送禁止用語にあたる発言を連発してしまった。午前7時半からのフジテレビ「報道2001」では「私たちは第1次被害者。マンションを買ったお客様が第2次被害者という位置づけ」と断言。偽造問題発表以前に、国交省に財政支援の直談判を行っていたことを追及され、ついに自分たちが優先的な被害者だと開き直った格好だ。
引き続いて午前10時から出演したテレ朝「サンデープロジェクト」では、出演者の紹介シーンでいきなり、「いい加減なこと言わないで、あんたぁ」と大声で発言。まだ、誰も何も発言していないにもかかわらず、突然、“恫喝”(どうかつ)してしまった。
番組が始まると、机を叩きながら批判に反論するなど、“オジャマ節”のトーンはどんどん高くなっていき、ついには偽造構造設計書を作成した姉歯秀次・1級建築士を「頭のおかしい人」と表現するなどエスカレート。CM明けに進行役の田原総一朗氏から注意され、「分かりました」と了解してみせたが、わずか3分後に再び、さらに配慮のない発言で、出演者を狼狽(ろうばい)させるシーンもあった。

連日やってくれますね。姉歯建築士は髪型まで偽造、というどうでもいいニュースで私を爆笑させてくれた一連の騒動ですが主役が小嶋社長に移ってしまった感があります。どう見ても怪しい実業家にしか見えないオジャマモンがその外見イメージを裏切らない香ばしい発言を連発し、さらに私を楽しませてくれています。
この日の放送は見ていませんが、だいたい何を言ったのかは想像出来ます。奈良の騒音オバチャンの時に塩爺が発した伝説の「神発言」以来の名言となったことでしょう。
それにしてもこの騒動、規制緩和を叫び続けて日本が構造的な大転換を迎えた際に企業は収益力を高めるためのコストカットが正義となり、使うべきお金まで使わない経営者が有能な経営者と言われる時代になりました。このオジャマモンもここ数年黄金の時代を謳歌していたに違いありません。ところが今般の偽造騒ぎです。おそらくヒューザーはもたないでしょう。オジャマモンは儲かりそうなことなら何でもやりそうなのでまだ再起の道はあるでしょうが、マンションを購入した住民に対しては完全な救済は無いでしょう。何事も自己責任、という考え方が正しいとされている今では「そんなマンションを買った側にも責任がある」とみなされて終わり、です。日本人にこの考え方が馴染むのかどうか、それは別として現実はこの傾向がますます進んでるわけです。自己責任、とは全ての情報を公開してそれを自分で判断したものに対して責任を持つ、というものです。日本はこれまで情報を公開しない代わりに任せておけば何とかなる、という国でした。これからは情報もそれほど公開されない都合のいい自己責任がまかり通ることでしょう。好む好まざるに関わらず、です。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ