日記

久しぶりに腹が立ちました

久しぶりに腹が立ちました。
北朝鮮が6カ国協議の約束を破っても、一昨日の夜に遭遇した飲酒検問の警察官が態度悪くても、家で猫が吐いたゲロに気付かず踏んでしまった時も、ここまで腹立つことはなかったんですが、こればっかりは黙ってられません。
先日富山発大阪行きの特急電車「サンダーバード」の車内で一人に乗っていた女性客に対して脅しを掛けて体を触ったり、挙句にはトイレに連れ込んでレイプしたという事件がありました。これだけでも充分最悪なんですが、この犯人は同じような事件を起こして公判中だったんですね。レイプ犯というのは何度も同じことを繰り返すものですが、ここまでやるとは。
私も留置所→拘置所→刑務所と渡り歩く中で何人かのレイプ犯に出会いました。どの犯人も至って普通の人なんですが、そういうタチなんでしょうね。ああいう人はまた同じことをするでしょう。レイプ犯というのは得てして塀の中では嫌われます。やはり皆それぞれに自分の嫁さんや彼女、または娘などを娑婆に残してきているということもあって、自分の大事な女に手を出す可能性がある犯人というのは嫌なようです。塀の中で知り合った人が居たとして、先に出所する人に色々と頼み事をすることがあります。「誰々に連絡して欲しい」というのが一番多いのですが、この時自分の嫁さんや彼女に何らかの連絡を頼むことがあります。もし先に出所する人がレイプ犯で、頼んだ本人はまだ塀の中なので防ぎようがない状況で手を出したとしたら…この手の事件は数え切れないくらいあります。そういうこともあるので、塀の中ではレイプ犯は嫌われるのです。
話が本題からそれました。私が腹立たしいのはこのレイプ犯よりも、特急電車内の同じ車両に乗り合わせていた状況です。その中でも、特に男。1時間ほど隣に座った犯人に脅された挙句に体を触られて、泣きながらトイレに連れて行かれてレイプされた、というこの状況で異変に気付いた乗客は複数居たそうです。なのに、誰も何もしませんでした。
この神経が信じられません。犯人が周りの乗客に対して「何見とんねん」とすごんだせいで何も出来なかったと言う証言があります。だとすると、一人で乗っている女性客を見つけたら何をしてもOK、周りの乗客に見られたら「何見とんねん」と言えば止められることもないという、レイプ犯にとっては素晴らしい前例が出来たことになります。逆に言えば、レイプされたくなかったら女性客は一人で電車に乗るな、それでレイプされたら乗るほうが悪いので誰も助けませんよということですね。日本もいい国になったもんです、レイプ犯にとって。
最近こういう事件にまではならないにしても、こういう思考の男が増えたように思います。「ヤりたいなら口説け」と言ってやりたいです。そういう努力するのは嫌、もしくはそういう能力がないのに、性欲だけは一人前なんでしょうね。その結果、最近のように風俗が大流行りとなるわけです。キタは兎我野町、ミナミは宗右衛門町の風景を見ると愕然としますね。あれだけたくさんの風俗店が潰れずに営業できているということはそれだけ需要も供給もあるということでしょう。まだお金を使って風俗で納得しているうちはいいですが、それが間違った方向にいくとレイプ、そこまでいかなくてもストーカーや痴漢のような事件になるんだと思います。そんなに女をモノにしたいなら女が寄ってくるような男になる努力をしなさい。
この事件といい、最近の風潮といい、同じ男として情けないです。

ご無沙汰しております

かなりのご無沙汰です。皆さまお久しぶりです。
ここ最近やたらに忙しいのと、外為相場があまりにつまらないので更新をサボっておりました。
かれこれ1年が経過するユーロ絡みのダメポジションは健在(?)で現在もダメっぷりを発揮し続けております。
唯一マトモに見えるポジションはドル円119.75の買いポジションです。120円絡みのストップロス狙いで仕掛けが入るようなことがあれば120.30辺りに上抜け、そこで利食いというのが最良のパターンですが、さてどうなりますか。
私もやっているこのFXで4億稼いだオバちゃんが告発されましたね。私は年利30%を目標に運用していますが、目標通りやれたとしても私がこのオバちゃんになるには1333年かかります(笑)種銭の額が全然違うみたいですけど、すごいですねぇ。
いよいよプロ野球が開幕しました。開幕戦は「その筋」の人がチケットを手配してくれたので京セラドームに行ってきましたが、結果は広島のエース黒田の前になす術なく敗戦。翌日から連勝してるので結果オーライですが、今年も黒田は手ごわそうです。FA宣言で阪神に来るなんていう話もあったっけ…。
私の本業はWeb屋ですが、最近はどうも物書きの仕事が多く、費やしている時間だけ見ればどっちが本業なのか分からなくなってます。大半がサイトテキストと呼ばれる文章で、要はインターネットのサイトに掲載する文章です。Webのトレンドというのはめまぐるしく変化しており、前は見た目が美しいサイトが良いサイトとされていました。FLASHという技術が大流行した時はスプラッシュムービーというちょっとした動画がまず表示されるサイトが急増し、それも現在では下火になっています。それでは現在は何か?その答えがテキストです。
Webは作っただけでは何の意味もありません。そのサイトがターゲットとしている人に見てもらって初めて意味があります。そのためにどうするか?現在ではYahooやGoogleのような検索エンジンで上位に表示させることが最も注目されています。検索エンジンはサイトの中にある文章からキーワードを拾うので、そこでテキストが重要になってくるわけです。読みやすく、面白く、そして検索エンジンに引っ掛かりやすい文章…今後もこうしたテキストのニーズは高くなるでしょうね。

お受験ラプソディ

うちの娘は大阪でも有数の「お受験幼稚園」に通っています。
単に自宅から近いという理由も当然ですが、やはりせっかく近くにそんな幼稚園があるのなら、という思惑もありーのです。
さて、そんな幼稚園に在籍してると、周りの子供やその親の中には私よりもはるかに本気モードな人がたくさん居ます。
本気モードというのは何に本気なのかというと、ズバリ小学校受験です。
大阪で言うと、教育大付属小学校を頂点に、追手門小学校、近大付属、帝塚山…京都の同志社や立命館なんかも視野に入ってるそうです。
私も教育にはうるさいほうで、そのために五条小学校校区に引っ越してきたという経緯はありますが、さすがにここまでとなると見ていて滑稽です。
1.jpg
この写真は先日御堂会館であった小学校受験の模擬試験の模様です。
何せそんな幼稚園に通ってるので、よその親御さんが勝手に気を利かせて模擬試験に申し込んでくれたので、面倒くさいながらも行くことにしました。
それはもう異様な光景で、私も思わずシャッターを切らざるを得ませんでした。
うちの娘は特に進学塾にも行ってないのですが、ここに来ていた子供たちは大半が小学校受験の予備校や進学塾に通っているそうです。
不気味に統率された動きなどを見ていると「コイツらロクな大人にならんでぇ」と憎まれ口のひとつも叩きたくなりますが、私が叩かれそうなのでやめときました。
2.jpg

模擬試験会場を出ると、このような受験参考書の販売コーナーもあります。
小学校受験ということは幼稚園児が使うわけですが、こんなに参考書や問題集があるのかと驚愕しました。
さらに会場の外にはここぞとばかりに進学塾や知能開発云々という、とにかくお受験に関係のありそうな業者がズラリと並んでビラを配っていました。
それ自体は商売なので当然かと思いますが、異様なのはそれを全て受け取って真剣に食い入るような目で読んでいる親たちの姿でした。
格差社会の現状が最もよく表れた光景でしたが、勝ち組である彼らの姿を見て全く幸せそうに見えなかったのは気のせいでしょうか。

明けまして

かなり遅ればせですが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
結婚してからと言うもの、例年年末年始は実家に親に、と渡世の義理ばかりでほとんど休まることがありません。本当はもっと静かに新年を迎えられたらなぁと思うんですけどね。3年ほど前までは大学の恩師が元旦に新年会をしていたので、毎年そこに顔を出していてそれはそれで良かったんですが、教授がいい歳になってしまったのでここ数年はそれも無くなりました。本当に渡世の義理だけの年末年始になってしまっている感があります。
それにしても、年明け早々外為相場はやってくれましたね。クロス円の暴落に端を発した円の全面高。日本の金利が上昇するという思惑もあったとは思いますが、クロス円がここまで急激に売り浴びせられるとは。ユーロ円とポンド円の暴落ぶりは痛快でしたね。所詮そこまでの力が無いのに、バブルだということです。その中でもドルは堅調でしたから、ユーロドルは1.3を割り込む勢いでした。異常事態が続いて手が出せなかった相場ですが、ようやくちょっとやってみようかなという気になってきました。
早速ドル円で117.94の買いオーダーを入れましたが、117.97で切り返しました。結局118.70近辺でNY終了。117.90あたりにあるストップロスを引っ掛けに行くというパワーは無かったようです。あー儲け損ねた!
今年の目標はどうしようかと考えていて、本業については成り行き任せのような部分が大きいので、あまり具体的な目標設定は見送ることにしました。物書き稼業については本格的に開始して2年目になるので、現在のような売文だけでなくオリジナルで何か書いてみようかと思っています。
亡くなった私の師匠から引き継いだ占いによると、今年は大転換の年です。その大転換が良い方向に向いてるのか、悪い方向に向いてるのかが分からないところが不気味ですが、良い方向の大転換になるよう頑張りたいと思います。

この一年

いよいよ2006年も一週間を切りましたね。
今年は自分自身でも実に色んなことがあった内容の濃い一年でした。
去年の大晦日から始まった義理の父親の入院劇、そして逝去。今年の幕開けは病院通い、そして葬儀のゴタゴタから始まりました。
2年半前に刑務所を出所して以来、ようやく仕事のために蒔いていた種が芽を出してきた年でもありました。以前から少しずつやってきた文筆稼業で一定の収入が得られるようになったのも今年でした。仕事面では満点以上の成果を挙げられた一年だったと言えるでしょう。来年もこの勢いを持続していきたいと思いますが、さすがに今年は出来すぎだったので、来年にここまで期待するのは酷かも知れません。
仕事面が慌しくなるにつれて、外国為替取引は少し板を見る回数が減って、トレードチャンスをかなり逃してるように思います。ユーロとの相性の悪さは今年も変わらずで、現在もユーロ円とユーロドルで下らないポジションを保有しています。来年はユーロという通貨を忘れて取引するくらいの勢いでいきたいと思います。目標利回り30%は来年も堅持して頑張ります。
周りを見渡してみると、大阪は景気のどん底を抜けたような感がありますね。大阪の繁華街は賑わいを取り戻しているように見えますし、中国景気やウォン高の影響でしょうか、中国人や韓国人の観光客をとにかくよく見掛けるようになりました。彼らが大阪の個人消費を一部分下支えしてくれているのは明白ですね。
それにしても繁華街には風俗若しくはそれに近い店が増えたなぁと思います。風俗店を案内する無料案内所というのは以前からありましたが、宗右衛門町を歩いてるとそれしかないように見えます。しかも無料案内所って午前1時で店を閉めることが義務付けられてるので、1時を過ぎるとゴーストタウンみたいになってしまいます。あれって景観壊してるなぁと思います。皆そんなに風俗遊び好きなんですかねぇ?
社会に目を向けると、年明け早々にホリエモン逮捕、そして芋づるのように村上ファンドにも捜査のメスが入りました。どちらもマネーゲームの寵児でこれまでとは全く違うアメリカ型の金儲けを体現して見せたのですが、やはり日本人のメンタリティには合わないんでしょうね。私個人としてはどちらも応援してたんですが、やはり村上ファンドが阪神電鉄に手を出した時はモロに利害関係が発生したので潰れてくれればいいのに、と正直思いました。利害が絡んだ時の人間なんてこの程度の判断力しかありません。このお二方はやたら目立ったので逮捕されましたが、見えにくいところで似たようなことをしたペイントハウスなんて全くお咎めなしですから、やはり日本は出る杭が打たれる国なんですね。私が逮捕された時に検察官が吐いた「アナタは目立ちすぎた」という言葉が思い起こされます。
ファイル共有ソフト「Winny」を開発した金子氏が逮捕され、12月になって判決が出ました。罰金150万円です。Winnyを使って著作権のある映画を共有した人が居て、その著作権侵害を幇助した、という罪です。優秀な頭脳を持った人がソフトを開発しても、それを使う人間が違法行為をすると開発者まで断罪されるという前例を作ってしまいました。同様の裁判がアメリカでもあったんですが、こちらは無罪です。今回のWinny判決は、よく切れる包丁を作った鍛冶職人が、その包丁を使って誰かが人を刺したとして断罪される可能性すらあることを見せ付けました。まだ裁判は確定していませんが、このまま確定するようなら日本の優秀な開発者は全員アメリカに行くべきです。
逮捕と言えば、私が長きに渡って付き合いを続けてきた人が今年ようやく出所しました。この人はかれこれ7年くらいにわたって4連続で懲役に行き続けている男前です。確か事件名は覚醒剤、傷害、覚醒剤、覚醒剤という内訳だったように思います。さすがに私も愛想が尽きてたのですが、「本日出所」にネタを提供してくれていることもあり、今回の出所までは面倒を見ることにしました。これまでと同じ務め方なら意味が無いので何かこれで最後にするという証拠を見せて欲しいと要求しました。刑務所で何か資格を取るか仮釈放を勝ち取る、この2点に向けて本人も努力した結果、3年6ヶ月という懲役の中で1ケ月という短さですが、仮釈放を勝ち取ったのです。ひとまず目標達成ということで私も今回は違うなと思ったんですが…出所から6日目、急に連絡がつかなくなりどうしたのかと思ったら京都で乱闘騒ぎを起こして仮釈放取り消しとなったとのことでした。本人にすればたかだか1ケ月刑務所に入るだけなので何とも思ってないと思いますが、私にとってこの事件を大きな意味を持っており、完全に失望したのは言うまでもありません。12月7日に改めて出所したようですが、迎えに来て欲しいというのも無視して行きませんでした。本人は何度か私に連絡を試みたようですが、私が無視するので結局故郷の沖縄に帰ったそうです。本人はそれで全てを忘れて沖縄での生活を、と考えてるかも知れませんが、私にとってはこの7年は一体何だったの?と無力感が漂っています。
一年365日もあると、良いこともあれば悪いこともあります。差し引きしてみると、良いことのほうがはるかに多い、とてもいい一年だったと思います。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ