お仕事日記

ケッタイな依頼

私はかれこれ10年以上パソコンの何でも屋をやっています。
パソコンを組み立てて販売するというのが始まりなんですが、最近では新規に購入することに加えてパソコンのトラブルを解決して欲しいという依頼や、何か新しくやりたいことがあってそのやり方をレクチャーして欲しいというものまで、まさに何でも屋です。
パソコンがここまで生活必需品となった現在、長いことパソコン何でも屋をやってると面白い依頼に遭遇することがあります。
これまでにも、ウサギがLANケーブルをかみちぎるので、そうならない工事をして欲しいというものや、パソコンの出張修理で女子寮に潜入してそれが管理人にバレて全館に響き渡る音量で「直ちに退去しなさい」と言われたことなど、それだけで1冊本が書けそうなほど色んな依頼を受けてきました。
そんな私のところに先週これまた変わった依頼が舞い込んできました。今回の依頼人は台湾人で、それだけでもちょっと変わってるんですが依頼の内容はこうです。
その依頼人Aさんの家には中学3年生の娘が居るのですが、先月家出をしてしまったそうです。その家出の直前、熱心にパソコンでメールやチャットなどをしていたので、そのAさんはそこで知り合った誰かのところに行ってるのではないか、と言うのです。でも本人も誰かに知恵を付けられたようで、パソコンに残っているメールは全て削除してから旅立っていったようです。そこで、削除したメールを復元したりして娘の行き先に手がかりになるような情報を探り出せないか、というのが今回の依頼です。
Aさんの自宅は大阪市内の某所にありました。日本語はほとんど出来ないというので、今回の話を持って来た人に通訳として同行してもらいました。私も片言なら話しますが、難しい話になると絶対に無理ですからね。
仕事は淡々と進み、娘さんが削除していったメールを可能な限り復元して(ゴミ箱フォルダから削除しても復元できます)、そこから分かった情報を全て整理して渡しました。肝心なところはYahooのWebメールを使っていたようで、それはパスワードが分からないのでメールを見ることが出来ませんでした。
娘さんが家出前に何をしていたのか、メールを見ているとある程度分かってきました。出会い系サイトをかなりマメに利用していたようで、そこで友達なのか彼氏なのか分かりませんが色んな人と知り合っていたようです。その中の一人に、家で親子喧嘩したことを話しているメールがありまして、その内容は壮絶でした。母親にやられた、とする傷の写真を添付して誰かに送っていたのですが胸元に大きな引っかき傷がある写真と「噛み付かれた」時に指に穴が開いたとして、穴の開いた指の写真も付けられていました。この話が事実だとすると家出の原因が自ずと知れるような気がしました。それにしても引っかき攻撃に噛み付き攻撃とは。猛獣の喧嘩みたいです。
Aさんはその後、この娘さんと連絡が取れたのかどうかは定かではありません。
こんなケッタイな依頼でも喜んで行きますので、今後ともよろしくお願いします。

会社登記に挑戦! その3

昨日訂正した書類一式を持って再び法務局に行って来ました。
電話で実に親切に説明してくれた担当者の方が応対してくれて、順調に書類の訂正作業が進みました。
これですべてOK、となった意気揚々と帰ってきました。
いい気分で過ごしてた昨日の夕方、またもや法務局からTEL。
いや~な予感がしつつ電話を取ると、今度は以下の指摘が。

①印鑑証明に記載されている住所と登記申請に書いた住所の表記が微妙に違う。
②提出した定款は前のオーナー時のものでないとならない。

①については捨印を押してきたので先方で直してくれるそうです。②については法務局の指示通りに新しい会社の定款を作って持っていったものがアウト、ということで先方のミスでもあるので、これは登記完了時に後から提出、ということでOKになりました。来週の19日に登記完了予定なのでその時に提出する予定です。
いや~長かったです。会社の譲渡を受けてから約1年。具体的に登記の作業に入ってからは約1ヶ月。素人がやるとこんなにも時間と手間が掛かるもんなんですね。

会社登記に挑戦! その2

予想通り法務局から補正の連絡が来ました。登記申請を出した翌々日のことですので、なかなか仕事が速いです。
さて、指摘された箇所は以下の通りです。

①OCR用紙に新役員就任の詳細を記入する
②印鑑抜け
③定款の添付及び定款を現行定款であることの証明
④上申書は不要
⑤割印抜け
⑥改印届けの商号違い
⑦捨印抜け

なかなか多岐に渡っています。他にもたくさん訂正箇所がありましたが、電話口でパソコンを見ながら訂正していったので、覚えていません。そういう箇所だけでもあと10箇所はあったと思います。やっぱり素人登記はしんどいですね。
しかしながら今回指摘された部分を全て網羅するとゴールはもうすぐです。先週から訂正作業に入り、定款も作成しました。新役員たちの実印を貰いなおして、今週中に法務局へリベンジを果たしたいと思います。

会社登記に挑戦!

以前にある人から営業実態のない会社、いわゆる休眠会社を譲り受けました。
特に使い道もないのでそのまま放ったらかしにしていましたが、最近になってこの会社を使いたいという人が現れたため、放置したままになっていたこの会社を叩き起こして使うことにしました。
と言っても会社登記のことなんか私は何にも知りません。会社登記を取り扱う役所は法務局、というのは知ってましたがそれがどこにあるのかも知りませんでした。
というわけで調査開始です。
実はこの話、一ヶ月前くらいから始まっていまして、昨日までその準備をしてきました。
会社登記の窓口である法務局は天満橋にありました。法務省の建物なので同じ建物の中に入国管理局もあり、いつも大勢の外国人がウロウロしています。
先月取得したその休眠会社の全部事項証明書(会社の詳細情報が記載されている、いわば会社の住民票)に基づいて書類を手配し、1ヶ月掛けて書類を揃えました。
今回の登記は専門家に聞いてもかなり難易度の高い登記らしく、初めての私にとってはそれが難しいのかどうかもよく分かりません。
具体的に行う手続きはこうです。
①休眠状態にある会社を起こす
 → 解散登記済みの会社の株主総会を開いて会社継続の決議をする。
②起こした会社の新役員を選任する
 → 旧経営陣から新しい経営陣(私ですね)への移行を株主総会で決議する。
③新しい経営陣の中から社長を決める
 → 新しく就任した役員の中から代表取締役選任を取締役会で決議する。
④定款を変更する
 → 社名、事業目的が記載された定款の変更を臨時株主総会で決議する。
⑤本店移転
 → 本店所在地の移転を取締役会で決議する。
…以上の会議を旧経営陣、新経営陣の両方で開いてその議事録を作成、そしてそれを添付した登記申請書を作成して法務局に提出する必要があります。
その書類を全部並べるとこんな感じになります。
DSCF1333.jpgハッキリ言ってどれもこれまでの人生で見たことのない書類ばっかりです。株の売買経験はありますので株主になったことはありますが、そんなもん登記の知識なんか無くても今では簡単に出来ます。こういう仕事を専門にする人のことを企業法務家と呼んだりしますし、司法書士はそれを資格仕事としてやってる人々です。そんな専門家が存在するくらいですから、これくらい複雑なのも分かります。
こういう流れだけが分かると、あとは書類については定型文というのがありますのでそれに必要な事項を入れていくだけで書類は作成できます。そうして出来上がった書類と必要なものは以下の通りです。

①株式会社清算人、代表清算人、会社継続及び変更登記申請書
②臨時株主総会議事録(会社継続、役員退任・就任、監査役就任の決議)
③取締役会議事録(代表取締役選任決議)
④株式会社変更登記申請書
⑤臨時株主総会議事録(商号変更・目的変更のための定款変更決議)
⑥取締役会議事録(本店所在地変更の決議)
⑦上申書(定款に清算人の定めがないことの上申)
⑧新役員の印鑑証明4通
⑨代表者印の改印届け
⑩別紙OCRシート(目的変更の詳細、原因年月日の記載)
⑪角印、代表者印

以上です。どうですか?会社登記の経験がおありの方にしてみたら「そんなとこやろな」で終わる話ですが、全くの初めてというところからここまで来るには実に苦労しました。全て自分で勉強・相談しながらやったということで、お蔭でずいぶん勉強になりました。法務局の何とも言えないプレッシャー(司法書士などの専門家以外にとって非常に居心地の悪い空気)にも慣れましたし。
昨日この書類を全て登記申請窓口に提出しまして、何も問題が無ければ来週に登記が完了するとのことです。そうでなくて問題がある場合は電話で連絡が入って補正と呼ばれる修正を指示されます。いきなり申請書の代表者欄に代表者印が無いと指摘されましたのでこの部分に補正が入るのは確実です。まさか一発で全てOKとなるとは思ってませんので登記完了に向けて今後も色々とありそうです。
登記完了までリアルタイムでレポートしていきたいと思います。
司法書士の真似ごとするのも楽ちゃいますわ、あぁ疲れたー
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ